Zoomを使ったリモート視力検査、メガネスーパーが開始

検査キットや遠隔サポート込みで4000円

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月27日, 午後 05:30 in coronavirus
0シェア
FacebookTwitter
visionaryholdings

メガネスーパーを運営するビジョナリーホールディングスは7月27日、店舗に行かなくても視力検査が行えるサービスを開始しました。

リモート視力検査システムは、あらかじめ指定した自宅の住所に専用の小型検査キットが送られ、利用者が検査専任コンシェルジュのサポートに従って視力を測定するというものです。

送付物には、レフ(他覚的屈折測定機)、レンズメーター(現在使用しているメガネのレンズ度数を測る機材)、フォロプター(自覚的屈折検査機)と、専用ソフトをインストールしたスマートフォンとプリンターが含まれています。

視力測定のサポートはZoomを使用し、セルフで測定したデータを元にその場で各メーカーのレンズを注文できます。検査所要時間は、機器設定や説明を含めて約60分。視力測定のほかにもフレーム選びや注文も含めてサポートするとしています。

visionaryholdings

ビジョナリーホールディングスは、これまでも、メガネやコンタクトレンズなどの相談に電話やチャット、Zoomで対応する「お家でコンシェルジュ」を提供していましたが、裸眼視力(遠近)と矯正視力(遠近)の対応しかできないことから、新しい度数を検出したメガネ作りを行なうことはできなかったといいます。

『今回導入したリモート視力検査システムにより、時間・場所を選ばずに遠隔でも精度の高いセルフ視力測定が可能となったことで、来店や通院が完全に不要になった。コロナ禍で外出を控えたいというニーズにも対応できる』としています。

利用料金は機材往復送料とスタッフによるサポート費を含め4000円(税別)です。


source:ビジョナリーホールディングス


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: coronavirus, Glass, zoom, news, gear
0シェア
FacebookTwitter