ついに。空飛ぶタクシーの乗車予約を独ボロコプター社が開始、15分で約3万7000円

ただし運用開始は2、3年先の予定

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年09月17日, 午後 06:30 in Volocopter
0シェア
FacebookTwitter
Volocopter

2020年9月16日、ドイツの航空機メーカー・ボロコプター社が、自社が開発した空飛ぶタクシーの乗車予約をスタートしました。

2011年設立のボロコプター社は、世界で初めて「自動運転による空飛ぶタクシー」を開発した企業。2017年にUAEとドバイ、2018年にはフィンランドでテスト飛行を成功させました。2019年はシンガポールで空飛ぶタクシーの有人試験飛行にも成功。いわゆる“空飛ぶ車”の開発においてはリーディングカンパニーといえる存在です。

同社によると、航空タクシーの最終的な認定はまだ保留中であるものの、今後2~3年での運用を計画しているとのこと。具体的な進捗状況は、予約をすることで確認できるようになるとしています。

乗車チケットは1000枚限定。利用金額は15分間のフライトで300ユーロ(約3万7000円)ですが、予約自体は10%のデポジット、つまり約4000円ほどで可能です。予約はオンラインチケットサービスの「EventBrite」で行えます。

なお、筆者が販売ページをチェックしてみたところ、残り枚数は736枚(2020年9月17日16時時点)でした。予約開始からそこまで時間が経過していないとはいえ、「空飛ぶタクシーに乗れる」という貴重なチケットとしては物足りない感もある初動のようです。

といっても、今予約しても実際の運用は2~3年後(しかも予定)とまだ先ですから、「しばし様子見」という人が多いのかもしれません。

Source:Volocopter

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Volocopter, Air taxi, transportation, personal mobility device, flying taxis, Flying car, news, gear
0シェア
FacebookTwitter