Venturi / Voxan
Venturi / Voxan

仏Venturiの子会社でオートバイメーカーのVoxanが、電動バイクの世界最高速度を記録しました。これは国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が定める「重量が300キロを超える電動バイク」における片道1マイルを往復した際の平均速度を採用する記録で、今回VoxanのマシンWattmanが記録した往復平均速度は366.94km/hでした。

これまでの世界最速記録は日本の鶴田竜二氏がMobitec EV-02Aで記録した329km/hだったため、それを約38km/h上回ったことになります。

Voxanチームは7月に記録に挑戦するマシンWattmanを公開。ライダーに元GPライダーのマックス・ビアッジ氏を迎えた世界最速記録への挑戦は新型コロナの影響で2021年7月にボリビアのウユニ塩湖で行うとしていました。

Venturi / Voxan
Venturi / Voxan

今回どういった理由で記録への挑戦時期を早めたのかは、記述がないのでわかりませんが、Voxanのチームは10月30日~11月1日にかけ、仏シャトールー空港の滑走路を使って記録へのトライアルを実施。冒頭の記録を含め、走行距離やスタート条件、カウリング装着の有無など様々な条件で、合計11の世界速度記録を打ち立てたとのこと。またそのチャレンジの中では、瞬間最高速度として408km/hも記録しました。

Venturi / Voxan
Venturi / Voxan

チームは今回のパフォーマンスに満足しているものの、まだプロジェクトは終わりではなく、往復平均での400km/h超えを目指して、2022年末までの間にまた記録へ挑戦するとのことです。

source:Venturi , FIM