Vsmart Bee Lite
Engadget Japan

ベトナムを拠点とするVingroupから、わずか26ドル(約2700円)の格安スマートフォン「Vsmart Bee Lite」が海外発表されました。

Vsmart Bee Liteはローエンド向けにチューンされたAndroid Go(Android 10がベース)をOSに搭載したスマートフォン。同OSはストレージ容量や通信環境が限られた環境でも、実用的な使い勝手を提供することを目的として開発されています。

スペックに目を向けると、画面は5.45インチ/FWVGA+解像度でプロセッサはSnapdragon 215、RAMは1GBで内蔵ストレージは16GB。背面カメラは500万画素で前面カメラは200万画素です。ヘビーなゲームには向かないでしょうが、ネットサーフィンやSNSアプリなら十分に使えることでしょう。

またバッテリー容量は2550mAhで、イヤホンジャックを搭載。Bluetooth 4.2やGPSにも対応していますが、NFCは利用できません。

Vsmart Bee Liteの本体カラーはブラック/インディゴブルーの2色で、ベトナム向けに販売されます。グローバル向けのローンチ計画などは不明です。Android Go端末としても最安クラスの本スマートフォンは、ローエンド市場にて新たな需要を掘り起こすことが期待されます。

Source: 9to5Google