Volkswagen
Volkswagen

3月30日に報じられた、米国におけるフォルクスワーゲンの社名を「Voltswagen」に変更するという話題は、やはりエイプリルフールネタを2日早くウェブサイトに掲載してしまっただけだったようです。CNBCがVWのウェブサイトに発見した未完成のプレスリリースは、新しいロゴマークまで用意される手の込みようでしたが、ReutersやWall Street Journalは複数の匿名情報源から得た話として名称変更は事実ではないと報じています。

ネタを考えた人たちはおそらく、世の中が騙されれ信じ込むか驚く様子を想像しながらリリースを作成していたのではないかと思われますが、残念ながら4月1日を待たずにそれが「ID.4の宣伝キャンペーンの一環」だと世間にバレてしまうという恥ずかしい結果におわりました。

とはいえ、まだどこもエイプリルフールのネタを出していない時に1社だけジョークを発しているという状況は、かえって世の中がそこに注目するという予想外の宣伝効果を生み出してもいるはずです。また、VWはまだ正式にリブランドを肯定も否定もしていないため、逆にReutersやWSJが匿名情報筋に騙されていて、本当に変更する可能性もないとは言い切れ…いやないでしょう。

なお、この件については本家Engadgetが米国のVWに問い合わせたところ、プレスリリースを「エイプリルフールのジョークとして」制作したことを明らかにしました。また物議を醸したにリリースはすでにウェブサイトから削除されています。

米国のVWがなにか新しいジョークを用意するのか、すでに宣伝効果は得たためなにもしないのか、はたまた正式にエイプリルフールのプレスリリース完全版を発行するのか…。期待して本番の4月1日を待ちたいところです。

Source:Reuters, Wall Street Journal