watchOS 7で着けっぱなし推奨のApple Watch「いつ充電するか」

ライフスタイルに充電タイムを組み込みましょう

矢崎飛鳥
矢崎飛鳥, @ACCN
2020年06月23日, 午後 05:00 in Apple Watch
0シェア
FacebookTwitter

WWDC20で詳細が発表されたwatchOS 7。同日、開発者に向けβプログラムが提供開始となりましたので、秋の正式リリースまでに対応アプリが充実していることでしょう。注目はカスタマイズ性が向上した文字盤とそれをシェアできる機能です。

関連: Apple Watchの文字盤がシェア可能に

開発者はアプリから複数のコンプリケーションを文字盤に組み込むことができます。

Glow Babyで例えると赤ちゃんのミルクやお昼寝の時間がわかります。

Dawn Patrolならサーフスポットの潮の満ち引き、風速、水温を表示。

そしてwatchOS 7では待望の睡眠記録がサポートされました。快適な睡眠に向けた生活のルーティンを促してくれます。加速度センサーを用いてユーザーの微細な動きを検出する仕組みで、睡眠追跡時はApple Watchを装着しながら寝ることになります。

関連: Apple Watchに睡眠追跡機能が追加

振動による穏やかなアラームなのでパートナーを起こさず目覚ましをセットすることができるのはウェアラブル端末ならでは。標準ではユーザーが設定した時刻にアラームが鳴りますが、眠りの深さに応じた目覚まし機能の実装もサードパーティ制アプリで実装できるそうです。

ユーザーが目を覚ましたことを検知するすると、時間や天気と共にバッテリー残量が表示されます。

ほか、watchOS 7では手洗いタイマー機能も搭載。ウェアラブル端末なので当然といえば当然ですが、今まで以上にApple Watchを着けたまま生活しないと新機能の恩恵には授かれることができなそうです。

関連: Apple Watchに手洗い時間タイマー機能

常に装着しているとなると、いつ充電すればいいのか。これらの新機能を搭載したからといって、Apple Watch自体のバッテリー駆動時間に影響はありません。Apple Watch自体は30~40分で満充電になるので、例えば……。

  1. 寝る前に30~40分読書する間に充電する

  2. 朝起きて身支度している間に充電する

  3. シャワーやお風呂の際に充電する

……といった具合にライフスタイルの中に組み込むのがオススメです。ちなみに夕方以降、就寝1時間までにバッテリー残量が30パーセントを切っているような場合、Apple Watchのほうから充電するようリマインドしてくれます。

今回、watchOSとしては初めて、一般向けのβ版も7月に公開されます。対応プラットフォームはiOS 14以降がインストールされたiPhone 6s以降の機種とペアリングされたApple Watch Series 3以降となっており、Seriese 2までのApple WatchおよびiOS 14が適用できないiPhone 6より以前の機種では利用できないのでご注意ください。

関連: watchOS 7、Apple Watch Series 1と2のサポート打ち切り
関連: 5分でわかるWWDC20まとめ ARM版Mac年内登場など

着けっぱなしにして蒸れないバンドが欲しくなりますね!

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple Watch, wwdc2020, Apple, Smartwatch, wwdc20, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents