Apple
Apple

アップルの開発者向けイベントWWDC21より。アップルはwatchOS 8に追加される新機能を発表しました。watchOS 8ではApple Watch単独での機能が強化され、iPhoneへの依存度がやや引き下げられています。

まず、瞑想アプリ「Breathe」が強化され、画面に表示されるアニメーションが新しくなったほか、気持ちを整えるためのガイド表示が追加されました。たとえば好きなものごと思い浮かべるよう促し、ユーザーが幸福感を得やすくするといった効果をもたらします。

また昨年導入された睡眠追跡機能にもアップデートが入り、Apple Watchを着用して入眠することで睡眠時間、心拍数、血中酸素濃度、呼吸数といったパラメーターを取得、従来の睡眠時間データとあわせてHealthアプリに取り込みます。

ワークアウトアプリは、連携するサブスクサービスのApple Fitness+に今秋より太極拳とピラティスが追加されます。また著名インストラクターによる新しいシリーズも追加され、レディーガガなど人気アーティストによるプレイリストを採用した"artist spotlight"ワークアウトなどが利用できます。

Apple
Apple

watchOS 8にはウェルネス方面ではない機能強化も含まれます。たとえばPortraits watch faceは、Apple Watchの待ち受け画面にiPhoneのポートレートモードで撮影された写真を切り抜き表示できる機能。デジタルクラウンを用いて顔の部分だけを拡大縮小したりして好みの構図に仕上げ、時刻やその他情報を併せて表示することが可能です。またこれに関連してwatchOS上のApple Photosも写真を探しやすくなるなど手が加えられています。

Apple
Apple

そしてメッセージ機能の強化も重要なアップデートのひとつです。watchOSはスクリブル機能をさらに柔軟に使えるようにし、デジタルクラウンによるカーソル操作とともにメッセージ編集をしやすくしました。メッセージにはGIFアニメなども追加できるようになっています。

そのほか更新されるのはミュージックアプリ、天気アプリ、AssistiveTouch、”探す”機能、CarKey機能の超広帯域無線(UWB)対応など。

watchOS 8 の正式リリースはこの秋の予定。Apple Watch Series 3 以降で利用できるようになります。開発者向けベータ版は本日より提供開始、パブリックベータは7月に予定されています。

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表