mask
mask
Aly Song / reuters

アップルは27日、watchOS 7.4を配信開始しました。

watchOS 7.4は、iPhoneのWatchアプリを通じて無料でダウンロードできます。インストールするためには、まずiPhoneを最新のiOS 14.5にアップデートすることが必要です。そしてApple Watchが50%以上充電されていることを確認し、通信範囲に収まるようiPhoneの近くに置きます。

今回のアップデートにおける最重要項目は、iOS 14.5の目玉となる「マスクしながらFace ID対応iPhoneをロック解除」が可能になることです。

顔を覆うマスクを着けたままFace IDで認証するとき、Apple Watch(Series 3以降)を使ってiPhone X以降のロックを解除する機能が追加されました。その詳細なやり方と使ってみた感想は、下記の記事にて説明されています。

iOS 14.5「マスク姿でFace ID」の設定方法。マスク姿なら誰でもロック解除可能

この更新により、以前からできた「Face IDによりiPhoneをロック解除、それによりApple Watchもパスコード省略してロック解除」に加えて「Apple Watch着用でFace ID対応iPhoneをロック解除」の双方向で、互いにカギを外し合えることになりました。

またECG(心電図)アプリと不規則な心拍数の通知が、オーストラリアとベトナムで利用可能となりました。これらアプリと機能は、どちらも日本で今年1月から提供されています

またフィットネスサービスApple Fitness+のワークアウトコンテンツで、AirPlay 2対応のテレビやデバイスへのオーディオ/ビデオストリーミングに対応したとのこと。本サービスは日本では未提供ですが、公式リリースに記載しているのは近い将来にローカライズした上で提供開始する含意があるのかもしれません。

アップル公式のリリースノートは次の通りです。

watchOS 7.4には、以下の新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれます:

顔を覆うマスクを着けたままFace IDで認証するときに、Apple Watchを使用してiPhone X以降のロックを解除する機能

“設定”でBluetoothデバイスの種類を分類するオプションにより、音声通知の送信先のヘッドフォンを正しく識別

Apple Fitness+のワークアウトコンテンツで、AirPlay 2対応のテレビやデバイスへのオーディオ/ビデオストリーミングが可能

オーストラリアとベトナムでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応

オーストラリアとベトナムで不規則な心拍の通知に対応

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/HT201222