watchOS 8
Apple

アップルは21日、Apple Watch向け最新システムソフトウェアwatchOS 8を配信開始しました。通知が届いていれば通知から、ないしはiPhoneのWatchアプリで「一般-ソフトウェア・アップデート」から手動で確認してのインストールが可能です。

watchOS 8にアップデートできるApple Watchは、2017年発売のApple Watch Series 3以降のモデルすべてです。Series 3は実に4年も現役あつかいとされることになります。

Apple Watchシリーズ(Amazon)

このwatchOS 8の新機能は、6月のWWDC21で発表され公式プレビューページにまとめられている通りです。今回のメジャーアップデートではiPhoneへの依存度がやや下げられ、Apple Watch単独で行える新機能がいくつか追加されています。

まずApple Watchでますます重視されている「健康とフィットネス」については、「呼吸」アプリが進化した「マインドフルネス」が登場。新たなビジュアルやヒントが深呼吸をしながら集中力を高めるよう促し、セッションが終わると達成したマインドフル時間や平均の心拍数が表示されます。

watchOS 8
Apple

またwatchOS 7で導入された睡眠追跡機能にも磨きがかかり、睡眠時呼吸数(眠ってる間の1分あたりの呼吸回数)も記録されます。ほか睡眠時間や心拍数、血中酸素濃度などのパラメータが取得され、iOSのヘルスアプリで一定期間内のトレンドが確認できます。

watchOS 8
Apple

かたやワークアウトアプリにも転倒検出機能が導入され(Series 4以降)、もしもユーザーが動けなくなった場合でもApple Watchが自動的に緊急通報サービスに連絡します。それに加えてサイクリング機能も賢くなり、自転車に乗っていることを検知してワークアウト開始を促したり、音声でワークアウトの進み具合も教えてもらえるようになりました。

cycling
Apple

ほかiPhoneの「写真」アプリとの連携もより緊密に。ポートレートモード写真を待ち受け画面に表示した上で、デジタルクラウンを回して顔を拡大縮小して調整もできます。また「メモリー」と「おすすめ写真」のハイライトが自動的にApple Watchに同期し、思い出がいつでも手首にやって来ます。

watchOS 8
Apple

そして「メッセージとメール」もいっそう実用性を増しています。音声入力したメッセージで直したい箇所にデジタルクラウンで正確にスクロールして編集しやすくなり、単語やフレーズにGIFアニメ等の追加もできます。

watchOS 8
Apple

さらにiOS/iPadOS 15と同じく「集中モード」も利用でき、受け取りたい通知以外は遮断して気が散らないようにできます。iPhoneやiPadで設定した集中モードは、Apple WatchやMacにも同期・適用されます。

watchOS 8
Apple

また「ウォレット」も強化され、Apple Watchを車のキーとして使えるようになります。ただし使用には、自動車メーカー側の対応が必要です

アップル公式のwatchOS 8リリースノートは次の通りです。

watchOS 8は、健康でアクティブな生活を送り、つながりを保つための新しい方法を提供します。デザインが一新された“写真” Appによって、一番大切な思い出とのつながりを保つことができます。また、新しい“マインドフルネス” Appと、新しい太極拳とピラティスのワークアウトタイプは、健康で健やかな生活を送るために役立ちます。“ウォレット”と“ホーム”もアップデートされ、自宅や車だけでなく、お気に入りの場所にも簡単かつ便利にアクセスできるようになります。

文字盤

  • “ポートレート”の文字盤では、iPhoneで撮影したポートレート写真のセグメンテーションデータを使用して、没入感のある多層構造の文字盤を作成(Apple Watch Series 4以降)

  • “ワールドタイム”の文字盤では、24の異なるタイムゾーンの時刻を一度に追跡可能(Apple Watch Series 4以降)

ホーム

  • 家にあるアクセサリの状況とコントロールを“ホーム” Appの上部に表示

  • アクセサリがオンかどうか、アクセサリのバッテリー残量低下、アクセサリのソフトウェア・アップデートが必要かなどの状況をクイックビューで確認

  • 時間帯と使用頻度に応じて自動的にアクセサリとシーンを表示

  • 利用可能なすべてのHomeKitカメラフィードを1か所に表示できる専用のカメラルーム(複数のアスペクト比に対応)

  • よく使うシーンとアクセサリに“よく使う項目”領域からアクセス可能

ウォレット

  • ホームキーを追加して、対応している自宅やマンションのドアの鍵をタップして解錠可能

  • 参加しているホテルのルームキーを追加して、ホテルの部屋のドアをタップして解錠可能

  • 参加している企業のオフィスのキーを追加して、オフィスのドアをタップして解錠可能

  • 車のキーと超広帯域無線を搭載したApple Watch Series 6で、対応している車に近づくことで車のロック、ロック解除、始動が可能

  • 車のキーのリモート・キーレス・エントリー機能で、車のロック、ロック解除、クラクションの鳴動、事前暖機、トランクを開くことが可能

ワークアウト

  • “ワークアウト” Appの太極拳とピラティス用の新しいカスタムアルゴリズムによってカロリー指標の正確なトラッキングが可能

  • サイクリングワークアウトが自動的に検出され、“ワークアウト” Appを開始するようにリマインダーが送信され、すでに開始したエクササイズも遡って記録可能

  • サイクリングワークアウトで自動的に一時停止および再開

  • 電動自転車でのサイクリングワークアウトのカロリー指標の精度を改善

  • 13歳以下のユーザのハイキングワークアウトの指標のトラッキング精度を改善

  • 音声フィードバックによってワークアウトのマイルストーンを内蔵スピーカーまたは接続されているBluetoothデバイスを使って通知

Fitness+

  • メディテーションガイドがメディテーションの練習をサポート。Apple Watchのオーディオセッションや、iPhone、iPad、Apple TVのビデオセッションが特定のテーマに沿ってガイドを提供

  • ピラティスワークアウトが利用可能。筋力と柔軟性が向上するように考えられた新しいワークアウトを毎週提供

  • iPhone、iPad、Apple TVでのピクチャ・イン・ピクチャ表示に対応しているため、対応Appでほかのコンテンツを見ながらワークアウトも視聴可能

  • ヨガ、筋力、コア、HIITワークアウトのワークアウトフィルタを拡張。機器が必要かどうかもフィルタリング可能

マインドフルネス

  • “マインドフルネス” Appの呼吸を強化。新しいリフレクトセッションも追加

  • 呼吸セッションでは、深呼吸の練習に心と体のつながりを持てるようにするヒントが提供され、セッションをガイドする新しいアニメーションも追加

  • リフレクトセッションでは、思考を研ぎ澄ますためのシンプルなアイデアが提供され、1分の経過も視覚化

睡眠

  • 睡眠中にApple Watchが呼吸数を計測

  • 睡眠中の呼吸数は“ヘルスケア” Appで確認可能。トレンドが検出された場合に通知

メッセージ

  • 同じ画面からスクリブル、音声入力、絵文字のすべてを使ってメッセージを作成または返信可能

  • 編集したい場所までDigital Crownを使ってスクロールして、音声入力したテキストを調整可能

  • “メッセージ”が“#イメージ”に対応し、GIFの検索や最近使用したものの選択が可能

写真

  • “写真” Appのデザインが一新され、写真ライブラリの表示と管理が手首から可能

  • お気に入りの写真に加え、メモリーとおすすめの写真からハイライトが毎日新しく生成されてApple Watchに同期

  • 同期されたメモリーの写真をモザイク調のグリッドに表示。いくつかのベストショットはより大きな写真で強調表示

  • “メッセージ”と“メール”で写真を共有可能

探す

  • “持ち物を探す” Appでは、AirTagが取り付けられた持ち物や“探す”ネットワークと互換性のある他社製の製品の場所を確認可能

  • “デバイスを探す” Appでは、紛失したAppleデバイスやファミリー共有グループの誰かが所有しているデバイスの場所を確認可能

  • Appleデバイス、AirTag、互換性のある他社製の製品を置き忘れそうなときに、“探す”によって手元から離れたときに通知

天気

  • “これから1時間の降水の強さ”の通知で、雨や雪の降り始めや、やんだときに通知を受け取ることが可能

  • 重大な気象警報によって、竜巻、冬の嵐、鉄砲水などの特定の気象について警告

  • 降水量チャートで雨の強さを視覚化

その他の機能と改善点:

  • 集中モードを使用して、フィットネス、睡眠、ゲーム、読書、運転、仕事、パーソナルな時間など、現在のアクティビティに合わせて自動的に通知をフィルタリング可能

  • Apple Watchでは、iOS、iPadOS、macOSに設定されている集中モードが自動的に同期されるため、通知を管理して集中を維持可能

  • “連絡先” Appで、連絡先のアクセス、共有、編集が可能

  • “ヒント” Appで、Apple Watchとその内蔵Appを最大限に活用するために役に立つヒントや提案を提供

  • “ミュージック” Appのデザインが一新され、ミュージックやラジオを1か所で検索して視聴可能

  • “ミュージック” Appの中で曲、アルバム、プレイリストを“メッセージ”や“メール”経由で共有可能

  • 複数のタイマーに対応し、Siriではタイマーにラベルを追加可能

  • 周期記録でApple Watchの心拍数データが使用されるようになり予測が改善

  • シャカ、手を振る、ひらめいた瞬間などを送信するための新しいミー文字ステッカー

  • 40以上の衣服で最大3色の異なるカラーを選択して、ミー文字ステッカーの衣類や帽子類をカスタマイズ可能

  • メディアの視聴時にコントロールセンターでヘッドフォンの音量をリアルタイムに計測

  • 香港、日本、中国本土(一部の都市)、米国で交通系ICカードをファミリー共有設定のユーザの“ウォレット”に追加可能

  • ファミリー共有設定のユーザの“カレンダー”と“メール”でGoogleアカウントに対応

  • AssistiveTouchで、上肢に障がいがあるユーザがピンチやクレンチのようなハンドジェスチャを使って電話に出たり、画面上のポインタを制御したり、アクションのメニューを起動したりすることが可能

  • より大きなテキストサイズのオプションが“設定”に追加

  • リトアニアでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応

  • リトアニアで不規則な心拍の通知に対応

一部の機能は国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください:

https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222

Apple Watchシリーズ(Amazon)