Engadget

カシオ計算機は5月15日、スマートウオッチ「GSW-H1000」を発売します。価格は税込み8万8000円です。


本機からの新シリーズとなるG-SQUAD PROは、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」のスポーツラインから展開されるモデルです。耐衝撃性や20気圧防水といったタフネス性能を備えつつ、G-SHOCK系では初となるGoogleのWear OSを搭載。

GoogleアシスタントやGoogle Pay、Google Fit、Google マップなどのアプリが利用できます。


同じカシオ計算機のスマートウォッチとしては、これまでにも「PRO TREK Smart」というシリーズを展開していますが、今回発表された「GSW-H1000」はさらにタフネス仕様となったことで、例えばサーフィンにも対応できる点が魅力。さらにUIもスポーツアクティビティに最適化した設計となっており、よりスポーツと親和性の高い仕上がりとなっています。

Engadget

また、高い耐衝撃構造や防水性能を備えつつも、マイクや充電端子を装備。20気圧防水に耐えるガラスの厚みを保ちながら、スムーズな画面のタッチ操作にも対応しているそうです。裏蓋は耐食性に優れたチタンを使用し、チタンカーバイト処理で耐摩耗性を強化しています。


アクティビティのトラッキングでは、心拍計測が可能な光学式センサー、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーやGPSを搭載しています。これにより距離、速度、ペースなどを計測可能です。15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応し、スポーツをサポートするデータを計測します。

Engadget

▲カラーは3色展開(左から、ブルー×ブラック、ブラック、レッド)

Engadget

スマートフォン専用アプリ「G-SHOCK MOVE」と連携すると、アクティビティの管理ができます。アプリの新機能「センサーオーバーレイ」を利用すると、アクティビティ計測中に撮影した動画・静止画と計測情報を重ねたビジュアルを作成し、SNSでシェアできます。

Engadget

別売りのモーションセンサー「CMT-S20R-AS」と接続して、ランニング時のフォームチェックもできます。走行中、モーションセンサーで解析したランニング指標が表示されます。計測したデータをスマートフォンの専用アプリ「Runmetrix」に転送することでフォームを分析などが可能です。


なお、CMT-S20R-ASと同時に高機能時計としてG-SHOCK「GSR-H1000AS」も販売されています。同機と今回発表された「GSW-H1000」との大きな違いはWear OSの有無です。


関連リンク:GSW-H1000