米グーグルのスマートウォッチ向けOS「Wear OS」で、画面録画ツールの開発が進んでいるとの情報が伝えられています。

海外テックサイトの9to5GoogleがWear OSのバージョン2.45.0.356582426から発見した内部コードからは、「screen recording」という単語が複数発見されています。ただし、現時点では同バージョンのソフトウェアをインストールしても録画機能を利用することはできません。

現在のWear OSでは、Android版のアプリからスクリーンショットを撮影することが可能です。しかし、画面録画機能はまだ実装されていません。もし画面録画が可能になれば、機能紹介やバグレポートなど、開発者にとって有用な機能になることが想定されます。

グーグル製ソフトウェアの画面録画機能としては、Chrome OSでも今年3月からスクリーンのレコーディングが可能になります。今回発見されたWear OSの画面録画機能が正式にリリースされるかは現時点では不明ですが、小さな画面を録画するのはガジェット好きとしても心くすぐられる機能といえそうです。

Source: 9to5Google