人気で生産が追い付かないソニーのワイヤレスイヤホン、WF-1000XM4ですが、無事ゲットされ、静寂の中でハイレゾ音源を楽しまれている方もいらっしゃるかと思います。

関連: ソニー好きが「WF-1000XM4」をレビュー(前編)
関連: ソニー好きが「WF-1000XM4」をレビュー(後編)

さて、前モデルWF-1000XM3は、充電ケースの上の蓋に傷が付きやすかったのが唯一の欠点でした。

関連: WF-1000XM3の唯一の欠点を980円で克服

WF-1000XM4では同色・同素材の蓋になり、前モデルほど傷の心配はなさそうですが、とはいえ備えあればなんとやら。人気にあやかろうと必死のM社より専用保護フィルムが登場しています。

▲光沢・低反射があり各1320円

WF-1000XM用OverLay FLEX(光沢)

WF-1000XM用OverLay FLEX(低反射)

ケースの蓋上面用とイヤホン本体のタッチ面用×2枚の3ピースがセット。XM4は、いずれも曲面になっているので、曲面対応の柔らかいFLEXフィルムとなります。貼り直しは厳しいので、水貼りがオススメ。

OverLay FLEX用水貼りキット

▲ケース上部用はセロテープで耳を付け、水をスプレーしたあと真上かアプローチすると貼りやすい

Engadget
▲素材がフレキシブルなので空気を追い出せば端まで吸着

細かい気泡は、ひと晩くらいで自然に抜けていきます。

Engadget
▲本体用は丸く、向きもないので貼りやすい

光沢と低反射、どちらのフィルムを選ぶかはお好みで。XM4はマットな仕上げなので、低反射のほうが貼ってる感は低めです。

▲左が光沢、右が低反射

Engadget
▲左が光沢、右が低反射

もちろん、タッチ操作などに支障はありません。全面を保護するものではありませんが、安心感を得るためにいかがでしょうか。より、リラックスして音楽を楽しめます。

関連: ソニーWF-1000XM4仕様を前モデルと比較