米フェイスブック(今後はMeta)傘下のSNSサービスこと「WhatsApp」にて、ステッカーの編集機能がウェブ版に搭載されました。

日本ではあまり人気のないWhatsAppですが、世界では25億人以上のアクティブユーザーを抱える超大手SNSサービスです。海外留学や出張・赴任の際に、周囲がみなWhatsAppを利用していて驚いた経験がある方もいることでしょう。

さて今回のステッカー編集機能ですが、編集画面では画像をアップロードしたり、絵文字やテキストを追加や画像のトリミング、背景をクロップ……などと、さまざまな操作が行なえます。また、既存のWhatsAppステッカーを貼り付けることも可能です。

モバイル環境ではすでに多数のサード製ステッカー編集アプリが存在しますが、デスクトップ環境にてわざわざ画像編集アプリを立ち上げる必要がなくなるのは、なかなか便利だといえるでしょう。また海外テックサイトのThe Vergeによれば、来週中にはデスクトップ向けアプリにもステッカーの編集機能が搭載される予定です。

Source: The Verge