Gary Marschka/Blue Origin
Gary Marschka/Blue Origin

テレビSFシリーズ『スタートレック』のカーク船長役で知られるウィリアム・シャトナー氏を乗せて10月12日に打上げの予定だったBlue OriginのNew Shepard宇宙船の打上げが、1日遅れの13日にリスケジュールされました。理由は悪天候が予想されるため。乗客は10日から宇宙船搭乗のための訓練を開始しています。

シャトナー氏が搭乗しての宇宙飛行は「あのカーク船長が」という点で、Blue Originにとっては大きな宣伝効果が期待されます。またシャトナー氏の90歳という年齢も、つい先日ジェフ・ベゾス氏らとともに宇宙へ行って最高齢記録を打ち立てたウォリー・ファンク氏の82歳を大きく更新するもので話題性抜群といえるでしょう。ちなみにその他の搭乗者はBlue Originのミッション・フライトオペレーション担当VPのオードリー・パワーズ氏とPlanet Labs社のクリス・ボシュイゼン氏、そしてMedidata社のグレン・デ・フリース氏といった企業幹部の方々。

Blue Originには最近、安全対策や環境対策の取り組みが不十分であり、またセクハラなど社内の「有害な風習」が元、および現社員らによる文書で明らかにされていました。それからまだ日が浅いこともあり、このタイミングでの打上げがはたして会社に向けられるネガティブな印象を払拭できるのか、またはさらなる批判の的になるのかは気になるところです。

新しい打上げスケジュールは10月13日の午前8時半(CDT:米国中央標準時)。日本時間では午後10時半の予定です。

Source:Blue Origin