Windows 10 October 2020 updateがリリース前最終段階に。スタートメニュー調整など含む

ChromiumベースのEdgeをプリインストール化

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年09月20日, 午前 07:30 in 20h2
0シェア
FacebookTwitter
Microsoft
Microsoft

マイクロソフトが、Windows 10 20H2と呼ばれてきたアップデートの名称をWindows 10 October 2020 Updateとすることを発表し、最新のビルド19042.508(KB4571756)をWindows Insider ProgramのRelease Previewチャネルに公開しました。

このアップデートでは、スタートメニューの外観が更新されるほか、通知機能の改善、ChromiumをベースとするEdgeブラウザーのプリインストール化その他いくつかの機能を追加しています。さらに古いシステム設定ツールが廃止されるため、コントロールパネルに含まれていた機能が最新の設定ページに配置されています。

なお、このビルドは20H2アップデートの最終ビルドとなることが期待されていましたが、まだ機知の不具合としてLinux 用 Windows サブシステム(WSL)が起動しない現象が残っているため、もしこの機能が必要な場合はあわててビルド19042.508(KB4571756)導入しない方が良いでしょう。この問題は「まもなく解決される見込み」とのことです。

source:Microsoft


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 20h2, Microsoft Edge, October 2020 update, Windows 10, Edge, news, gear
0シェア
FacebookTwitter