Microsoft
Microsoft

マイクロソフトが、Windows 10のタスクバーに、天気やニュース、スポーツのスコア、株価といった刻々と変化する情報にアクセスするためのツール「News and Interests」を追加すると発表しました。この機能は1月にWindows Insider Programで試験されていたもので、一部では今年後半に予定されるWindows 10 21H2に正式採用されるとも言われていましたが、意外と早い到着でした。

表示される情報をクリックすれば、その情報の詳細にアクセスが可能。後で読むためにチェックしておいたり、情報を他の人にシェアすることもできます。表示する情報はもちろん調整でき、興味のない分野の情報は非表示化することもできます。作業や仕事に全集中したいのなら機能そのものをオフにすると良いでしょう。

ただ、すでにほとんどの人はPCやスマートフォンを通じ、自分にあったやり方でニュースや興味ある情報を簡単に得ているはず。おそらくユーザーが1日に何度もアクセスしてしまうそれらの情報を、タスクバーからシームレスに入手できるようにすれば、アプリを開いたりリンクをクリックしたりする手間をなくし、「時間を節約して集中力を保つことができ」るとしています。

よく考えれば、このような機能は古くからメーカー製PCを提供されてきました。ただそれらはわりと扱いにくかったり、やたらと画面にポップアップしてきて邪魔だったりすることも多く、すぐにアンインストールしてしまっていた…人も多いかもしれません。それがマイクロソフト純正でOSと統一感あるUIで提供され、必要以上に目立たないのなら、便利に利用するユーザーも多くなるかもしれません。

Windows 10 タスクバーの天気やニュースの表示機能は、今後数週間でユーザーの環境に導入されるとのことです。

Source:Microsoft