とうとう配布が始まったWindows 11のプレビュー版ですが、映像表示に関連する新機能として「ダイナミックリフレッシュレート」(DRR)の追加が米マイクロソフトの公式ブログで明かされています。

Windows 11のDRRは、PCの作業内容に応じて画面のリフレッシュレートを動的に変更します。例えばダイナミックモード(60Hz/120Hz)では、メールや文章作成時には60Hz設定をで動作し、スクロールなどの操作時には120Hzに切り替えるといった具合です。

画面のリフレッシュレートは高ければ高いほど見え方がなめらかになる一方で、デバイスの消費電力も上昇します。デバイス性能の範囲内で、必要なときに必要なだけの性能を出すようにする意味で、DRRはそのバランスを上手く取るための機能といえます。また、ゲームプレイ時にDRRは動作しないので、ベストなパフォーマンスが発揮できるはずです。

現時点でDRRはOfficeやEdgeブラウザなどのマイクロソフト系ソフトと、AcrobatやIllustratorなどのアドビ系ソフトが対応しています。また可変リフレッシュレート(VRR)に対応し120Hz以上の駆動が可能なディスプレイや、グラフィックドライバー(WDDM 3.0)が必要となります。

DRRに相当する機能は、スマートフォンでは昔から実現されていました。後発のモバイルデバイスから機能が逆輸入された形となったDRRですが、ラップトップなどバッテリー駆動デバイスで、その威力を発揮するはずです。

Source: Microsoft