WSL

マイクロソフトは11日(米現地時間)、Windows 11用のWindows Subsystem for Linux(WSL)のプレビュー版をMicrosoft Storeで公開しました。これはWSLの新バージョンではなく、既存のWSL 2と全く同じものであるとのこと。公式ブログ記事は、その目的はユーザーにWSLの最新アップデートと機能をより迅速に提供することだと説明しています。

WSLとはWindows環境でLinuxを動作させる仕組みであり、システム開発などで便利に使われている機能です。これまではWindowsのオプションコンポーネントとしてインストールされ、つまり「Windowsの一部」でした。そのためWSLを有効にするにはWindowsの設定を切り替えてマシンを再起動する必要があり、アップデートもWindows本体が更新される際に行われていました。

しかし今回の変更により、これらのバイナリはWindowsから切り離され、代わりにストアから入手できる個別アプリとなりました。そうすることでユーザーはWindows本体を更新したり再起動しなくとも、WSLをアップデートできるわけです。

このストア版WSLは「プレビュー版」と銘打たれていますが、すでにWindows 11で追加された新機能の多くが提供されています。すなわちWSLg(WSLのGUIアプリサポート)もあり、新たなwsl.exe —マウント機能もあり。またLinuxカーネルは5.10.60.1に更新されており、WSL がまだ実行中だと表示するための「Please Wait」メッセージを含むプログレスインジケータヘルパー機能も備えています。

ストアからアプリ版WSLをインストールするには、Windows 11 build 22000以上が必要です。また、Virtual Machine Platformのオプションコンポーネントが有効になっていることも必須です。これらの条件がクリアされていれば、ストアからWSLをインストールした後、サポートされている任意のLinuxディストリビューションを入れることができます。

また、すでにWindowsと一体型のWSLをインストールしている場合も、ストアのWSLプレビュー版をインストール可能であり、2つのバージョンを同時に実行できます。ただし「WSLストア版が常に優先される」とのことです。

Windows Developer PlatformのプログラムマネージャーであるCraig Loewen氏はブログ記事にて「我々の目標は、WSLをインストールして使うに当たり、MicrosoftストアでのWSLを最適な方法にすること。そして長期的には、WSLユーザーがストア版を使うようにすることです」と述べています。

今後はWindows 11上でのLinux環境がより手軽に使えるようになり、更新の手間や時間も節約できることになりそうです。

Source:Microsoft ,Microsoft Store

via:ZDNet