FocusSessions
Microsoft

マイクロソフトはWindows 11の新機能として、Spotifyで音楽を聴きながら仕事に集中できる「フォーカスセッション(Focus Sessions)」を予告しました。一定時間を決めて仕事に集中、時間が来れば休憩するよう促すタイマーであり、Windows 11とSpotifyが統合するかっこうです。

MSの製品最高責任者パノス・パネイ(Panos Panay)氏は「まもなくWindows 11にやって来るフォーカスセッションを初公開します」とツイート。本機能は自分にとってゲームチェンジャーであり、特にSpotifyとの統合が重要だと強調しています。

公開された映像を見るかぎり、本機能は標準アプリ「Clock」(日本名は「アラーム&クロック」)に組み込まれたもの。具体的には、まず「週報を仕上げる」「製品スペックをレビューする」などリストからタスクを選び、次にSpotifyのプレイリストからBGMにしたいものをクリック。そして30分など時間を設定してから「フォーカスセッションを始める」をタップすると、一定時間ごとに音楽が停止し、休憩時間だと告げるしくみと思われます。

フォーカスセッションは、記事執筆時点ではWindows 11パブリックビルドではテストを開始されておらず、今回はあくまで予告に留まります。が、ユーザーが気を散らさずに仕事がしやすい「集中モード」はAndroidには2019年末から実装されているほか、今秋のiOS 15macOS Montereyでも搭載される見通しです。その市場にWindows 11が参入するにあたっては「Spotifyの統合」が大きな強みとなる可能性もありそうです。

Source:Panos Panay(Twitter)

via:The Verge