Windows11DragAndDropToTaskbarFix
MSPowerUser

WindowsというOSは、ファイルなどの操作に関して、さまざまな操作方法が用意されているのが魅力でもあります。ただし現状のWindows 11では、従来可能だった操作の一部が不可能になっているのが実情。

たとえばWindows 10では「ファイルをタスクバーにピン留めされたアプリにドラッグ&ドロップして開く」ことができましたが、Windows 11ではできなくなっています。

この機能を復活させるアプリ「Windows11DragAndDropToTaskbarFix」がGithub上で一般公開されています。


この「Windows11DragAndDropToTaskbarFix」はシステムトレイに常駐し、Windows 11の新たなタスクバーの挙動を修正するスタンドアローンのアプリです。

システムのレジストリキーを変更せず、他のプロセスにDLLインジェクション(DLLを注入して本来の処理とは異なる処理を行わせる)をしないため再起動の必要もなく、ポータブルな(必要なファイルがすべて1つのフォルダに収まり、USBメモリ等に入れて持ち運べる)作りとなっています。


実際のしくみは、マウスの左ボタンと右ボタンのどちらを押しているかを検出し、タスクバー上のどのアイコンにマウスポインターが置かれているかを判断するというもの。

そして一定の時間(設定ファイルにより変更可能)同じエリアに留まっている場合、Win+Tホットキーと矢印キー(タスクバー上のアプリ切替え)をシミュレートして、意図したアプリのウィンドウを復元。そのウィンドウ内でドラッグしていたボタンを離せばファイルが開くという手法で、Windows 10の挙動を再現しているわけです。


また本アプリは「デスクトップを表示」ボタン(画面右下)へのファイルのドロップにも対応。さらに複数の画面や自動起動もサポートされているほか、多くの設定オプションが用意されています。

Windows 10の便利な機能を復活させてくれたことへの感謝や、今後のさらなる改良の期待を込めて、開発者への寄附を検討してみてもいいかもしれません。


Source:GitHub

via:MSPowerUser