ScanWatch

Withingsが新型スマートウォッチ「ScanWatch」を国内発売しました。価格は38mmモデルが3万6240円、42mmモデルが3万8480円です(いずれも税込)。

「ScanWatch」は、アナログ文字盤を特徴とするWithingsのスマートウォッチの中でも、特に生体データの取得にこだわったモデルです。

背面には心拍センサーを搭載し、異常な心拍を感知するとユーザーに通知します。また、睡眠時無呼吸症候群の兆候となる「呼吸の乱れ」を感知できる世界初のスマートウォッチだといいます。

海外版は上記に加えて、心電図や酸素飽和度を計測する機能を備えますが、日本版は医療機器に関する規制のため利用できません。

このほか、ランニングやサイクリング、スイミングなどさまざまなアクティビティを自動で識別し、活動量を記録する機能も搭載。スマートフォンのGPSと連動し、ランニングの経路などもトラッキングできるほか、高低差も記録できます。睡眠の長さや質を測定する機能も備えます。

文字盤の上部にはディスプレイを搭載し、現在の歩数や呼吸サイクルなどを確認できます。

バッテリー持続時間は公称30日で、付属の充電器を使って1時間で80%、2時間でフル充電できます。

いざ実機を使ってみると、軽量で装着感がなく、ランニング中も邪魔に感じませんでした。また、シンプルなデザインということもあり、市販のさまざまなバンドと組み合わせて使ってもいいでしょう。

Source:SB C&S