北欧発フードデリバリー「ウォルト」東京で開始 150店以上に対応

チャットサービスも提供

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年10月17日, 午前 05:33 in Uber Eats
0シェア
FacebookTwitter
Wolt Japan

フードデリバリー事業「Wolt(ウォルト)」を展開する Wolt Japan は、10月22日より東京の一部エリアにおいてサービス提供を開始すると発表しました。

フードデリバリーサービスは、従来の出前に“配達代行”を加えたもので、日本でも「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が代表的な存在になりつつあります。

店側にとってのメリットは、配達用のバイクを持たない店でも商品の配達を代行してもらえることです。一方、利用者側は、注文した商品を指定した場所に配達してもらえるため、店舗に行かずとも人気レストランなどの料理を楽しめるのがメリットとなっています。

Woltは、2014年にフィンランドで創業し、現在、23か国100都市以上でサービスを展開していますが、東京の一部エリアでもサービスが始まります。日本では2020年3月に広島で提供を開始し、現在は、札幌や仙台でもサービスを提供しています。

東京では、渋谷区、港区、新宿区、目黒区、世田谷区、品川区の一部にてサービスを開始。当初は約150店舗のメニューを頼むことができ、今後、順次エリアを拡大するとともに、取り扱い店舗も増やしていくとしています。

配達料は、店からの距離1.5km以内が99円、2.5km以内が199円、4km以内が299円です。営業時間は、日曜日から木曜日が10時から23時、金曜日と土曜日が10時から24時までとなっています。

ライバルにどう対抗?

ライバルとなる Uber Eats との差別化については、『フィンランドならではの“温かみのあるおもてなし”を取り入れながら、質の高いサービスを提供していく』とコメントしています。

具体的には、加盟店に、北欧デザインの「Woltオリジナル紙袋」や、店が客への思いをつづれる「Thank you!カード」を提供するほか、利用者や配達パートナーなどがカスタマーサポートにチャットで問い合わせると1分以内に対応するとしています。

フードデリバリーサービスをめぐっては、Uber Eats が事故によるけがなどを防ぐ取り組みを実施。Woltも、交通安全ルール遵守などの適性テストに合格した人を配達パートナーに採用し、安全に配慮しながらサービスを提供したいとしています。


source:Wolt Japan(PR TIMES)



【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Uber Eats, woltjapan, fooddelivery, Tokyo, food tech, Food technology, food, Food delivery, delivery, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents