Engadget

西村経済再生担当大臣が1月5日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染について飲食への対策と合わせてテレワークは今後の緊急事態宣言措置の大きな柱と認識しているとし、「2019年春同様に出勤者の7割削減を目指すのが適当ではないか」とコメントしました。

政府は7日に首都圏の1都3県を対象に緊急事態宣言を出す予定で、仕事で会社に出勤していた方も再びテレワークをすることになるかもしれません。

ガジェットメディアであるEngadgetではこれまで、在宅ワークの環境の向上に役立つ様々なコンテンツを制作してきました。これまでの記事をここにまとめてみましたのでガジェットの買い足しや改善の参考にどうぞ。各記事の詳細は太文字や写真をタップすると確認できます。

在宅ワーク歴25年ライター武者良太が語る、モチベーションを維持するには音にこだわるべし

Engadget

――武者さんが在宅ワークメインでお仕事をされるようになったのは、いつ頃からでしょうか?

武者:出版社などを経て1995年くらいからライターとしての活動を始めました。その頃から今に至るまで、ちょいちょい会社勤務などはありましたが、基本的な業務は自宅で実施してきました。

コロナウイルス流行以降は完全に自宅での作業ですね。記事執筆や編集はもちろん、取材や打ち合わせもビデオ会議でできます。ガジェットを取扱うライターとしてはリアルイベントの発表会開催機会が減ったのは残念ですが、サンプルの配達を手配してもらうことで、コンテンツ制作という意味では十分仕事ができてます。(つづき

冬の快適テレワークを実現するおすすめアイテム4選

Engadget

iPadで仕事する生活を続けているライター、弓月ひろみです。さて、段々と冬も本格的になってきましたね。今年も残りわずかではありますが、ご自宅でのテレワークを続けていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。本日は、冬の快適なテレワークにオススメ、私が実際に使っているオススメアイテム4つをご紹介します。(つづき

おうち時間が長いからこそモバイル電源があると便利

Engadget

モバイルバッテリーが大好きで、ちょっと良さげなものが発売されたり、クラウドファンディングで出資を募っているのを見たりすると、ついポチッとしてしまう筆者ですが、2020年は外出する機会がめっきり減ったことから、モバイルバッテリーの出番も少なくなってしまいました。とはいえ、今回ベストバイに挙げる「cheero Power Mountain mini 30000mAh」(以下、パワーマウンテンミニ)は、家の中でこそ真価を発揮します。(つづき

コロナ禍で活躍機会がグンと増えたiPad(第7世代)

Engadget

筆者が個人的2020年ベストバイと考えているのが「iPad」。AirでもProではない、2019年9月に発売されたノーマルモデルの第7世代であり、残念ながら今年9月に発表された最新世代(第8世代)でもない。(つづき

SIGMA fpをWebカメラに、ワンランク上のビデオ会議にするテクニック

Engadget

実は筆者もfpを普段からカメラとして使用しており、SIGMA CEO山木氏のツイートを見てfpがWebカメラとして利用できることを知り最近のミーティングでは活用している。本記事ではfpをWebカメラとして利用する際の設定方法と、ワンランク上のビデオ会議を実現するためのちょっとしたテクニックを紹介しよう。(つづき

長時間のリモート会議もへっちゃら、骨伝導ヘッドセット「OPENCOMM」

Engadget

今回ご紹介する「OPENCOMM」なら、普通なら当たり前に聞こえる音も聴きつつ、通話音声も同時に聞き取ることができます。なぜならば、このヘッドセットは耳を塞がない「骨伝導」という方法で音を聴くからです。(つづき

在宅勤務で「モバイルディスプレイ」のススメ、ThinkVision M14レビュー

Engadget

テレワークのためにモバイルディスプレイを購入する方が激増するという現象が起こっています。それなら普通のPC用ディスプレイでいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、「常設する場所がない」「ぶっといディスプレイケーブルと電源をいちいち引き回していられない」といった事情があるようです。(つづき

そよ風をおこす照明「サーキュライト」で在宅ワークが超快適に

Engadget

「サーキュライト」はシーリングライトとサーキュレーターを融合したドウシシャの製品です。ファン回転方向を切り替えることで、夏に適した下向きの風、冬に適した上向きの風を創りだし、冷暖房などの空調効率を高めることができます。(つづき

自炊生活で一番役に立ったティファールの電気圧力鍋

Engadget

2020年は初頭からの新型コロナウイルス禍によって荒れに荒れた1年になった。4月には緊急事態宣言も出される状況になり、慣れないステイホーム生活に戸惑いを持った人も多かったのではないだろうか。自炊生活をする中で最も役に立った家電の一つがティファールの電気圧力鍋「ラクラ・クッカー コンパクト」だった。(つづき