Apple2
RR Auction

アップル共同創業者のひとりスティーブ・ウォズニアック氏が手描きしたApple Ⅱプロトタイプの回路図とプログラミング手順書が、オークションにて6万3272ドル(約6500万円)で落札されたと報じられています。

RRオークションの発表によると、本文書はウォズ(愛称)氏が書いたもの。合計23ページのノートと図で構成され、その内訳はグラフィックペーパーに回路図とメモが5ページ、28のステップに分けて書かれたプログラミング手順書が12ページ、さらに「Bus Sources」、「System Timing」、「Display」「Sync Timing & Adr. Gen」「Timing」という見出しが書かれた6ページのコピー(いくつかの注釈入り)といった具合です。

当時のウォズ氏はApple Ⅱのプロトタイプを手で配線する前に、これらのページにメモ書きや回路の変更、プログラミング手順書を追加していったとのこと。本オークションが始まる前に、ウォズ氏は次のような署名入り手紙を添えたと伝えられています。

これらの文書は、1975年頃に私が書いたオリジナルのApple IIプロトタイプの回路図とプログラミング手順書です。貴重なものですよ。これら作業中の図には、私のブレッドボード(ソケットに部品を差し込むだけで電子回路が試作できるもの)の技術が見て取れます。当時は紫のフェルトペンを好んで使っていたので、数十年後のメモを見るのも面白いですね。この試作品は、私がまだヒューレット・パッカードの先端製品部門のエンジニアで、携帯型電卓の設計に携わっていた時に手書きしたものです

本文書とは別に、完動するApple Ⅰも出品されており、73万6862ドル(約7600万円)で落札されています

Apple2
RR Auction

Apple Ⅰもウォズ氏とスティーブ・ジョブズ氏により開発・販売され、アップルの原点と言えるコンピュータです。175台作られたうち半分は現存すると言われますが、中には2億円近くで販売されたものもありました。その歴史的価値から考えれば、7600万円も決して高くはないのかもしれません。

Source:MacRumors,RR Auction