【WWDC20】iPadOS 14発表。手書き即テキスト変換のScribbleなど新機能

手書き派はさらに便利に

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年06月23日, 午前 05:00 in iPadOS
0シェア
FacebookTwitter
Apple

アップルの開発者向けイベントWWDC20より。iPadOS 14が発表されました。注目はApple Pencilを利用するScribble機能。iPadアプリの任意のテキストフィールドに直接手書き入力をすれば、自動的にテキストに変換します。

たとえば手書きで説明文つきの画像を描けば、文字の部分を自動的にテキストとして認識します。また線を引けば直線になったり、多角形も自動的に整形されます。アップルによるデモでは、手書き文字は英語でも中国語でも認識が可能で、住所から地図を呼び出したり、電話番号から電話をかけたりしてみせていました。また手書き文字はコピーして別のアプリへテキストとしてペーストすることも可能なほか、あとから1文字単位で色を変えたりと、見た目は手書きのまま、まったくテキストとして扱うことができる模様です。

Apple

他のアプリでも手書きを簡単に扱えるようになっており、たとえば新しくなった検索機能に手書きで文字入力をすれば、すぐにテキストに変換され検索候補が表示されます。もちろんウェブの検索にも対応しており、数文字でSafariのトップ検索一覧が出てくるようになります。またiMessageへの返信なども手書きですばやく簡単に入力できます。

iPadOS 14にはそのほか、iOS 14と同様のウィジェット機能やウィジェットのスマートスタック機能、メッセージ機能の改善、Siriの強化、サイドバーの再設計が含まれます。ミュージックアプリではアートワークや歌詞がさらに見やすく改善されています。

iPadOS 14の開発者向けプレビューは本日6月23日よりアップルデベロッパープログラムのメンバーに提供を開始、パブリックベータは7月より提供されるとのこと。正式リリースは秋の予定です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iPadOS, ipados 14, iPad, Scribble, Apple, WWDC20, news, gear
0シェア
FacebookTwitter