アップルが開催中の開発者会議「WWDC 2021」より。iOS 15の機能強化がプレビューされました。今回は標準アプリの機能強化が目立つアップデートとなっていますが、その目玉の一つとなったのが、ビデオ通話アプリのFaceTimeです。

中でもユーザー待望の機能と呼べるのが、ビデオ会議を意識した新機能『FaceTime Link』。機能自体も注目点ですが、さらに重要なのはWeb版が提供される点です。

これにより、ついにAndroidやPCとの間での通話が、Webブラウザを経由して可能となるわけです(上画面はiPhoneとAndroid機で通話中の様子。左がiPhoneの画面、右がWeb経由でのAndroidの画面です)。

もちろん、PCからの会議参加(通話)も可能に。そしてセキュリティにフォーカスする昨今のアップルらしく、通話中のデータはいわゆるエンド・トゥ・エンドの暗号化が施されているとアピールします。

なおWebからの参加が可能になったことで、Linkの参加要求は(zoomなどと同様に)Webのリンクとして送れるようになっています。さらに、時間指定での会議室作成予約など、他のビデオ会議アプリで重要な機能も一通り搭載されているようです。

さらにビデオ会議用途を見据えた、そして普段使いに便利な機能は他にも。中でも音声の周辺ノイズ(環境音など)を低減し、音声をよりクリアにする『Voice Isolation』や、背景ぼかしとして使える(カメラの)ポートレートモード対応などは、zoomをはじめとするビデオ会議アプリへの対抗を感じさせるところ。もちろん、1対1の通話でも便利な機能です。

また合わせて、通話相手と音楽や映画を共有で視聴できる『SharePlay』も導入。画面共有だけでなく、対応するサービスの動画や音楽で、気軽にオンライン上映会(視聴会)が行なえます。

iOS 15でのFaceTime新機能「SharePlay」発表。通話相手と音楽や映画をシェア

さらにユニークな機能としては、AirPods Pro/Maxなどと組み合わせて使える、空間オーディオへの対応も。合わせて導入された新画面レイアウトなどと合わせると、画面上の位置と相手の音声の空間位置を揃えることが可能となり、対面での会議に近い自然な印象が得られる……という、実は使い勝手にも影響しそうな機能です。

このようにiOS 15世代のFaceTimeは、従来のビデオ通話アプリというイメージを超えて、zoomをはじめとするビデオ会議アプリへの対抗を鮮明にした、別モノ感さえあるアップデートに。

とくにFaceTime Linkという形で、ではありますが、ついにAndroidやWindows PC、Chrome OSユーザーとの通話(会議)が可能となったことで、使い勝手という点では従来バージョンとは一線を画したものとなりそうです。

実際の感触が気になるSharePlayや空間オーディオ対応といった機能を含めて、まずは一度使ってみたくなる、「掴みはOK」なアップデートと呼べそうです。

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表

Source:iOS 15プレビュー 公式ページ(英語)