GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

1、マグネット式バッテリーでケーブルが邪魔にならない!

2、いつでもどこでも使える仕事も遊びもスマホが手放せないあなたに!

3、スマホを発熱から守り、故障やバッテリーの劣化を防ぐ!

 

朝から晩まで1日中手放せないスマートフォンですが、長時間使うと発熱してしまうことがありますよね。スマホの発熱は、故障やバッテリーの寿命が短くなる原因のひとつです。「X3-1」スマートフォンクーラーは、マグネットで吸着する2つのバッテリー付きでケーブルにつなぐ必要がなく、いつでもどこでもスマホを冷却できます。また、高効率のペルチェ式冷却方法を採用、スマート温度制御技術が温度に合わせてファンの回転数を調整しますので省エネです。

X3-1は、ペルチェ素子という半導体素子を用いた冷却方法を採用しました。ペルチェ素子は熱伝導の道具です。N型半導体材料とP型半導体材料をつなげた熱電対の接合部に電流を通すと、2つの材料の間を熱が移動し、片方が熱く、片方が冷たくなります。X3-1はこの原理によって、装着するだけで効率的かつスピーディーにスマホを冷却でき、さらに静かな動作音を実現しました。

電源をオンすると冷却を開始し、わずか3秒でスマホの温度が下がり始めます。ペルチェ素子の表面にできる水滴は、空気中の水分が固まったものです。冬の朝、窓ガラスなどにできる結露と同じ現象ですので、ご安心ください。

*必ず3秒で水滴が発生するということではありません。空気中の水分が固まる現象は、使用環境の温度と関連があります。

直径35cm、1分間に5,000回転する大直径ターボファンを装備。動作音は22dBと大変静かですので、ゲームや音楽を楽しんでいる時も気になりません。

複数の格子部分から冷風を吸い込み、熱風を吐き出します。熱風が手に当たらないように設計されており、静かに熱を排出します。

電源をオンにして3秒でスマホの温度が下がり始め、温度はLEDディスプレイに表示されます。スマート温度制御技術でスマホの温度を感知し、高温になると自動でファンの風力を強め、低音になると風力を弱めますので、手動で操作する必要は一切ありません。温度が3℃まで下がるとファンの回転数を引き下げ、電力を節約して騒音を抑えます。60℃以上の異常な高温になると自動停止しますので安全です。

本体の両側にはそれぞれステンレス片が2個ついており、バッテリーを近づけると自然に吸着します。

バッテリーはマグネットでカチッと装着するだけ。ケーブルは不要ですので、外出時の荷物を減らせます。また、バッテリーは片方だけでも使用可能。容量は2つで500mAh、1.5~2時間使用できます。

Type-Cポートを底部に装備していますので、バッテリーを使わずに付属のType-Cケーブルで電源に接続して使うこともできます。バッテリーは本体に取り付けて、Type-Cケーブルで充電してください。

X3-1は伸縮式のアームでスマホに装着するデザインで、市販されている4.7~7.5インチのスマホにご使用いただけます。幅7~9.5cmであればスマホだけでなく、様々なデジタルデバイスにも使用可能。スマホの片側にかけて、もう片側までアームを伸ばして固定すれば、装着完了です。

アームにはシリコン製の滑り止めパッドが付いており、しっかりスマホをつかみます。ゲームに夢中になって激しく操作した時に、スマホから落ちてしまったりすることがありません。

大面積のペルチェ素材には、電子回路のような模様が描かれており、ハイテク感たっぷり。装着するとスマホの後部に密着し、高い冷却効果を発揮します。(スマホカバーをご使用の場合は、カバーを取り外してご使用ください)

X3-1は厚さ23mm、幅50mm、重さは143gの小型設計ですので、スマホの操作を妨げません。また、音量ボタンなどを押してしまったり、手がぶつかったりすることもありません。さらに3色のLEDライトが輝き、楽しくゲームを盛り上げます。

潤昇株式会社はクラウドファンディング支援のプロチームです。メンバーはいずれも国際市場におけるブランディングの豊富な経験を有しています。より効果的に全世界の消費者に製品をアピールしたい、海外市場でブランドの地位を確立させたい、という皆様のご要望にお応えします。

お問い合わせメールアドレス:rstrade.jp@gmail.com

東莞市索艾電子科技は、中国でも有数の規模と先進の設備を持つコンピュータ周辺設備メーカーです。広東省に自社建設した面積3万平方メートルの索艾工業園、深圳市に大型LED電球及びバックライト工場、スマート技術研究センターがあります。

工場は全てISO9001認証を取得し、高規格・ハイテクノロジーの自動化ロボットアームを備えた生産ラインを設置しています。また、メカニカルキーボード軸の研究開発能力及び生産能力を有しており、自社で金型生産、射出成型、溶接、組み立て、包装などを手掛けるほか、製品はいずれもREACH、RoHS、FCCなどに準拠、多数の特許技術を所有しています。

Q: 2つのバッテリーは同時に使用する必要がありますか?

A:いいえ、片方だけでもご使用いただけます。

 

Q:どうやってバッテリーを充電しますか?

A:バッテリーを本体に正しく取り付け、本体を充電ケーブルで電源に接続すれば充電できます。

 

Q:充電時間はどのくらいですか?

A: 30~60分で満充電になります。

 

Q:スマホ以外の冷却にも使用できますか?

A:幅7~9.5cm、厚さ1cm以内のモバイルバッテリーやドッキングステーションにもご使用いただけます。

 

Q:初期不良による返品・交換について。

A商品到着から1週間以内にご連絡をいただければ返品・交換対応をさせていただきます。万が一、1週間経過後に問題が発生した場合は、弊社までご相談ください。使用感など初期不良以外での返品・交換はお受けしておりません。

お問い合わせメールアドレス:rstrade.jp@gmail.com