Xbox

モバイル版の Xbox アプリに新機能「リンクで共有」が加わります。スクリーンショットやゲームクリップを文字どおりリンクで共有する機能で、リンク先はマイクロソフトがホストする公開ページ。

画像や動画が貼れない・送れない場所にもテキストとして共有でき、踏んだ相手はサインイン不要でキャプチャが見られます。

Xbox は以前の世代からスクリーンショットやゲームクリップの自動アップロードに対応しており、本体でキャプチャしておけば勝手にマイクロソフトのXboxネットワーク上に保存されるため、あとからスマホアプリで探したり、ダウンロードや共有が可能です。

同じ Xboxネットワーク上にある「フィード」やメッセージ機能ならば、ほかのXboxユーザーやフレンドに対して簡単に共有やシェアができましたが、それ以外のSNS等に共有するにはローカルに一度ダウンロードして、それぞれのプラットフォームにまたアップロードの必要がありました。

 モバイル版 Xbox アプリのキャプチャ共有画面に追加される「リンクをコピー」を使えば、共有用の公開URLをそのままコピーできるため、ダウンロード・アップロードの手間もなく、動画を共有できないアプリや経路にも気軽に貼り付けられます。相手は Xbox ユーザーである必要はなく、サインインも必要ありません。

リンクで共有は現在 Xboxアプリでテスト中。近日中に全ユーザーが利用できるようになる見込み。

アプリの新機能としてはこのほか、ホーム画面に「トレンドのコンテンツ Trending Content」も加わります。こちらは公開フィード上で多く共有されたり Likeがついたスクショやクリップのトレンド。再共有したりコメントをつけられます。

PS5がキャプチャの自動アップロード対応、PS Appから14日間アクセス可能に