XboxゲームパスにEA Playが追加。追加費用なしで60本以上が利用可能に

UltimateかPCプランのみ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月9日, 午後 10:50 in Xbox Series X
0シェア
FacebookTwitter
Xbox Game Pass
Microsoft / EA

次世代ゲーム機 Xbox Series X / Xbox Series S の発売日・価格発表とあわせて、マイクロソフトが定額ゲームサービス Xbox Game Pass の大幅強化を発表しました。

この年末から、全部入りプラン Xbox Game Pass Ultimate およびPCのみプランの加入者は、追加費用なしで、大手パブリッシャー EA が展開する遊び放題サービス EA Play のメンバーシップも得られるようになります。

EA Play で遊べるタイトルは、『バトルフィールド』シリーズ、『スター・ウォーズ バトルフロント』シリーズ、『タイタンフォール』シリーズ、『Need for Speed』シリーズ、FIFAやMadden NFL、NBA、UFC、NHLなどEAスポーツゲーム、マスエフェクトやドラゴンエイジなどRPGを含む60本以上。

Xboxゲームパス Ultimate 加入者にとっては、これまでカタログになかった大手パブリッシャーの作品が大量追加されることになります。

EA Play の本来の費用は単月518円または年3002円。Xbox Game Pass Ultimate の EA Play追加は日本の加入者も利用できるようになります。

また一部の作品については、Xbox Game Pass Ultimate で利用できるクラウドゲーム (旧 Project xCloud) にも対応し、スマートフォンやタブレットでも遊べるようになります。

そのほか利用可能になる EA Play の特典は

・発売前のゲームを一定時間先行プレイ。進行はリリース後のゲームに引き継げる

・EAのダウンロード版ゲーム購入が10%オフ。DLCやシーズンパス等も割引

次世代機 Xbox Series X は499ドルで11月10日発売、廉価版Series Sと同日

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Xbox Series X, Xbox Series S, XBOX, ea, xbox game pass, xbox game pass ultimate, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents