マイクロソフト、Xbox Series Sを正式公開。299ドルで 「史上最小サイズに次世代の性能」

Small

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月8日, 午後 04:48 in Xbox Series X
0シェア
FacebookTwitter
Xbox Series S
Microsoft

マイクロソフトがもうひとつの次世代ゲーム機 Xbox Series S を正式公開しました。

店頭予想価格は、リーク情報どおり299ドル。歴代 Xbox でもっとも小さな本体で、次世代のパフォーマンスを備える製品とされています。発売は11月10日。

(更新: Xbox Series X/Sは日本でも11月10日発売、4万9980円と3万2980円に。9月25日から予約開始)

情報流出を受けて急遽正式公開を判断したらしく、現時点では一枚の画像と本体名称、価格、歴代最小であること程度しか分かりません。

更新:公式が発表動画も公開しました。リークと同じ内容です。11月10日発売は確定。

Xbox Series S は上位版の Xbox Series X と同じ世代・同じアーキテクチャを備えつつ、CPU / GPU 性能やRAM量を減らして価格を抑えた製品。

更新:Xbox Series S はレイトレ・120fps対応、光学ドライブ非搭載。動画で仕様がリーク

Alleged Xbox Series S Leak
Brad Sams

性能については、ハードウェアスペックのどの部分を比較するかによって表現が変わりますが、GPU性能の尺度のひとつシェーダーTFLOPS で測れば現世代の上位版 Xbox One X よりも下、ただしCPUもGPUもアーキテクチャが数世代は新しく、総合的には One Xと同じか上程度との推測が大勢のようです。

マイクロソフトは近日中にさらに多くの情報を公開するとしています。

更新:Xbox Series X/Sは日本でも11月10日発売、4万9980円と3万2980円に。9月25日から予約開始

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Xbox Series X, Xbox Series S, xbox, microsoft, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter