Xbox Series S はレイトレ・120fps対応、光学ドライブ非搭載。動画で仕様がリーク

1440pマシン

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月8日, 午後 09:20 in Xbox Series X
0シェア
FacebookTwitter
Xbox Series S
Microsoft

マイクロソフトの廉価版次世代ゲーム機 Xbox Series S 正式公開を受けて、事前に小出しリークしていたアカウントが「もう隠していても仕方ない」とフルバージョンの発表動画らしきものを投稿しました。

グラフィック性能は「1440p で最大120fps」「DirextX レイトレーシング対応」「4K動画のストリーミング再生対応、ゲームの4Kはアップスケール」など、とりあえず存在を認めただけの公式ツイートよりも多くの情報を含んでいます。

更新:やや遅れて公式も同じ動画を公開。最後の「11月10日発売」はこちらだけです。

マイクロソフトが本日正式に存在を認めた Xbox Series S は、発表済みの Xbox Series X と並ぶ次世代 Xbox の1モデル。

現行世代の Xbox One S と Xbox One X のように、Sがバリューに寄せた廉価な下位モデル、Xは最高性能を求めるユーザー向けの上位モデルという棲み分けです。

マイクロソフト、Xbox Series Sを正式公開。299ドルで 「史上最小サイズに次世代の性能」

本体画像などのリークを受けて、マイクロソフトが正式に認めたツイートはこちら。分かるのは

・歴代Xboxで最小の本体

・「次世代のパフォーマンス」

・価格は299ドル / 249ポンド

本体画像からは、現行の Xbox One Xのように直角的な板状のスタイル、側面に巨大な通気孔らしきもの、光学ドライブスロットを備えないらしいことなどが見て取れます。

(また別の自称リークでは、上位の Xbox Series X は予価499ドルとされています。Xbox Series Xは499ドル、Series Sと共に11月10日世界同時発売?)

Xbox Series S
Microsoft

マイクロソフトが Series S を正式に認める前から画像や一部の動画をリークしていた WalkingCat が「もう隠していても仕方ない」と公開した動画に含まれるのは、

・1440p で最大120fps 出力

・DirextX レイトレーシング

・可変レートシェーディング

・可変リフレッシュレート

・超低レイテンシ(入出力遅延)

・カスタム512GB NVNe接続 SSD

・4K動画ストリーミング再生

・ゲームは4Kアップスケール

・Xbox Series X より約60%小型

・11月発売

反射や影といった光の表現をリアルにするレイトレーシングや、同じGPU性能でより高画質を実現する効率的な描画手法バリアブルレートシェーディング、「Xbox Velocity アーキテクチャ」のNVMe接続SSD、超低レイテンシなどは、発表済みの上位モデル Xbox Series X と共通です。

次世代機Xbox Series Xは12TFLOPS、マイクロソフトが詳細発表。世代間クロスバイや互換も柱

高速SSDとメモリ、DirextX StorageのAPIによる恩恵としては、ゲームのロード時間が大きく短縮されることに加え、「シームレスなゲーム切り替え」も動画中でアピールしています。

現行の Xbox One では、たとえ上位モデルの Xbox One Xであっても、中断して即再開できるゲームは原則ひとつ。たとえばシングルプレイのRPGを遊んでいる時、気分転換や招待でマルチ対戦ゲームをちょっとだけ遊びたくても、切り替えるにはまずセーブして終了、別ゲームを遊び終わったらまた起動してセーブデータ読み込みを待つことになります。

しかし次世代 Xbox では複数のゲームの進行状態をまるごとストレージに保存して、起動待ちロードなしで中断地点から再開できることが売りです。(実際には読み込みが発生するので瞬間切り替えではなく、実演デモでも数秒は待ちがありましたが、ゼロからゲーム自体をロード・展開・起動してセーブデータを読み込む時間は短縮できます)。

Xbox Series S は GPU性能やRAMの量を抑えた廉価版ではあるものの、ストレージの速さやプラットフォーム自体の新機能は上位モデルの Xbox Series X と同様に享受できるようです。

Alleged Xbox Series S Leak
Brad Sams

グラフィック性能の手がかりは「1440p at 最大120fps」と、Variable Rate Shadingなど新プラットフォームで対応するDirextX 12の新機能。

解像度と描画負荷(画面の豪華さ)、フレームレートはトレードオフの関係にあるだけに、最大を並べるのはGPU性能自体の参考にはあまりなりません。たとえば Xbox One X や PS4 Pro が4Kと60fps対応を謳っても、実際には解像度優先かフレームレート優先を選ぶなど。一方、タイトルによっては120fpsが選べること自体は、規格としては Xbox Series X と同じ。

1440p はテレビ的には半端な解像度のように見えますが、性能にあわせて描画オプションを選べるPCゲームでは、4K解像度よりも高フレームレートの滑らかさを優先する際によく選ばれる数字です。

また動画中では「Advanced 4K upscaling」との言葉があるように、1080pからの4倍拡大と比較して、ネイティブ1440pから4K(2160p)へのスケーリングならば粗が目立ちにくいという点もあるかもしれません。

レイトレーシングは、Xbox Series X よりもはるかにGPU性能が低いはずの Series S で実際にどこまで効果が得られるのか、GPUの詳細やデモを待つ必要がある部分。

新型 Xbox から導入される DirextX の新機能やメモリ帯域などもあわせて、Xbox One X や PS4 Pro など別の世代のゲーム機との性能比較になる際は、指標のひとつ TFLOPS の差と、実際にゲームを遊ぶ際のパフォーマンスの差、マイクロソフトのいう「Next gen performance」の実態がどうなるのかが注目ポイントです。

光学ドライブなしのオールデジタルは、現行世代のXbox One Sでも実験的に用意されていました。ソニーのPS5も、同一性能で光学ドライブあり・なしのバリエーションを用意しています。

マイクロソフトはXboxの柱のひとつとして互換性を挙げ、次世代 Xbox は過去三世代との後方互換で発売日から数千タイトルが最高の状態で遊べる「四世代ゲーム機」であるとアピールしてきました。

光学ドライブがない以上、ディスク版の過去資産は諦めることになりますが、過去モデルを買ってディスクを持っているほど好きなら Series X で、そうでもなければ主力商品の Xbox Game Pass 遊び放題でダウンロードやストリーミングして遊んでくださいという方針なのかもしれません。

(自慢の後方互換はたしかに過去の名作が信じられないような高画質になりリマスターのように遊べますが、ディスクがあればすべて動くわけではなく、原則的にマイクロソフトが人気作優先で選び動作確認して追加してゆくホワイトリスト式。

Available games | Xbox

下位互換機能対応ゲームリスト | Xbox

特に初代 Xbox や Xbox 360日本向けタイトルは「対応しているものもある」程度。マイクロソフトは後方互換技術について今後も研究開発を続け、タイトルも追加してゆくとしています。)

Xbox Series Xは旧作も高FPS・HDR化。全世代ゲームがベストに動く互換機能を説明

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Xbox Series X, Xbox Series S, leak, XBOX, xbox game pass, microsoft, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents