Xbox Series X
Engadget

マイクロソフトが11月10日に発売する次世代ゲーム機、 Xbox Series X の開封と実機インプレッションをお伝えします。

Xbox Series X は、マイクロソフトが同時に2モデル投入する新Xbox のうち上位モデル。静音性・冷却性能から逆算した無骨な角柱デザインと、4K120fpsやレイトレーシング対応、12TFLOPSに及ぶグラフィック処理能力など高性能、そして自称「四世代ゲーム機」の互換性が売りです(※)。

PS5が現行PS4との互換性を備えつつ、独自の新コントローラDualSenseなど前世代にない新たな体験を訴求するのに対して、Xbox Series X|Sは複数のゲームを中断再開できる「クイックレジューム」や、旧型機・現行機のゲームも滑らかに高精細になるなど、過去の遺産も将来の新作ももっとも快適に遊ぶための機種、遊び放題サービス Xbox Game Passを最大限に楽しむ製品と位置づけられています。

※ 初代から360世代の「互換」は、基本全部ではなくマイクロソフトが検証変換したタイトルのみのホワイトリスト式。

Xbox Series X
Engadget

どーん。PS5の箱と比較して縦横はふた回り小さく、逆に奥行き(厚み)は大きい、本体の形状そのままの比率です。

Xbox Series X
Engadget

Series Xロゴと1TB SSD表示。発売時には1TBモデルしかありません。

Xbox Series X
Engadget

側面は設計と性能アピール。4K 120FPS、最大8K HDR、ストレージ・メモリ・コントローラとDirectStorage APIで高速読み込みの「ベロシティ・アーキテクチャ」、テレビからゲーミング高速モニタまで合わせるVRR (可変リフレッシュレート)、1TB SSDなど。

4K 60fpsはともかく、120fpsは「規格上」できるの範疇では?と思いきや、Halo: The Master Chief Collection や Gears 5の対戦モードなど、60以上の高フレームレートと低レイテンシ(低遅延)に有り難みのある自社ゲームは早々に対応を発表しています。

Xbox Series X
Engadget

背面はXboxの看板、Haloシリーズの主人公マスターチーフの後ろ姿が。久々の新作は本体同時リリースのはずが2021年に延期になり間に合っていません。手遅れになる前に来てくれチィィィーフ!!!(と、劇中では救世主扱いです)。

『Halo Infinite』2021年に延期、Xbox Series X発売同時を逃す

Xbox Series X
Engadget

気を取り直してオープン。引っ張り出す感じの簡易包装ではなく、トレジャーチェスト的にパカッと開ける体験を意識しています。

激しい存在感の黒い塊と、おなじみのキャッチコピー「ジャンプ イン」の帯。トビコメ!

Xbox Series X
Engadget

本体を取り出すにはどうしても最初に外すことになる帯に、各部名称と接続方法、アプリでセットアップしましょうのQRコード。

iOS / Androidの Xbox アプリを使っていれば、コントローラでログイン情報やパスワード等のストレスなくセットアップと、アカウント同期が完了します。

Xbox Series X
Engadget

黒棺っぽい本体。わざわざ真っ黒な梱包。

Xbox Series X
Engadget

開け口を誘導されてペリペリと「プレゼントの包み紙を剥がす」をすると、Xbox Series X 本体デザインのアイコンであるこの緑の排気グリルが出てくる演出。

Xbox Series X
Engadget

ドーン!

Xbox Series X
Engadget

本体より奥側の小箱に HDMI 2.1ケーブル、電源ケーブル、コントローラ。

Xbox Series X
Engadget

Xbox Series X
Engadget

おまけ。別売りのSSD増設カードは背面にいきなり挿さるスロットあり。USB接続のSSDやHDDも利用でき、Xbox One世代で使っていたものをそのままつなげば互換で遊べます。ただし速度はSSDやHDD側依存でそこそこ。

Xbox Series X
Engadget

別売りのSSDカードは、本体のメモリ・コントローラ・ストレージを一体化して速度を稼ぐ「ベロシティ・アーキテクチャ」完全対応で、内蔵ストレージと同じ速度が特徴。

低速でも良いならUSB SSDを併用して、普段遊ぶゲームは本体1TB以内、二軍だけど再ダウンロードはきついものは外付け退避で運用もできます。いずれ市場環境の変化で純正が値下げされることを祈りつつ。

Xbox Series X
Engadget

とりあえずざっっっくり、Xbox Series X のインプレ。まだ製品版でないバージョンの、一部のみを使った予備的判断です。

驚くほど静音。音の成分が穏やか

  • 待機~低負荷では不気味なほど静か。Xbox は現行の Xbox One X の時点で静音性は高く評価されていましたが、Series X はさらに静音化が進みました。

  • アクティブ空冷である以上、もちろんファンが回って風を送る音は発生しており、「無音」といえば誇張ですが、13cm口径ファンの静音設計がしっかりしているのか、低速で風量を稼げているのか、総合的な熱設計か、普段は静かな部屋で耳を澄ますとやっと聞こえるような低い送風音のみ。

  • エピソード的に並べれば「本体が動いてるのかオフなのか耳を近づけて聞くレベル」「高負荷でないかぎり、かなり近くに聞きにゆくか、部屋中の背景音のもとを止めて耳を澄ませてやっと分かる」くらい。

  • 普段つけっぱなしで気にもしていない、そこそこ静かなデスクトップPCを止めてやっと低い音が聞こえたと思ったら、少し空いていた窓からの背景音だったことも(夜間の住宅街)。

  • ただしこれは、まだ最大負荷になるソフトがあまりない?ためである可能性も。発売前の Xbox Series X 最適化ソフトで高負荷な場面では、もちろんファンが全力で回り熱風を吹き出す。

  • 高負荷で普通にファン音がするときも、風切り音や急な音の変化、耳につく高音成分や共振音が少なく、気づきにくい低い音になっている。低負荷時の静音性より、むしろこの高負荷でも嫌な音が少ないのが好印象。

  • マイクロソフトの本体デザイナーによると、ターゲットとしたノイズのレベル自体は Xbox One X と同じ。ただし発生する音の成分をチューニングすることで、同じ風量と冷却性能でもより耳につかないことを目指したとのこと。

「クイックレジューム」が快適

  • 一通り遊んだところ、売りとしては地味に聞こえた「クイックレジューム」が実に快適。

  • クイックレジュームはゲームを切り替えるときに終了せず、メモリ状態をそのままストレージに保存して、次回は中断した地点にそのまま復帰する技術。ゲーム単位のハイバネーション、SSDに退避するステートセーブ的なもの。

  • 次世代機なのでもともとのゲーム起動自体も早くなってはいるものの、やはりコールドブートではパブリッシャーのアニメーションロゴ、開発者のロゴ、ゲームエンジンのスプラッシュスクリーン、ゲームを盗むな警告画面など飛ばせないものが挟まったり、「キャンペーン・対戦」「続きから・新規ゲーム」を選んだりが発生するため、「いきなり遊んでいたところから始まる」ほうが無限に快適。

  • マイクロソフトは従来のデモで「一瞬で」切り替えると自慢していたものの、一瞬はどう考えても誇張か、特定のソフトのみ。次世代旧世代のいろいろなゲームで試したところ、標準的には12秒~16秒くらい(更新:もっと早くなった。下記参照)。画面を見ながら待ちはある。それでも起動画面からロードするよりは明らかに快適。ソフトや場面によっては10秒以下で速い場合も。

    更新: 10月29日時点で試したところ、複数のソフトや条件でおおむね10秒か以下でした。試したのは Series X|S最適化済の Gears 5 と Gears Tactics 、Xbox One互換の SEKIRO、Xbox 360互換のレイディアント シルバーガン、パンツァードラグーンオルタ。

    保存すべきデータが軽いであろう360互換ゲームやSEKIROだけでなく、ステージを開始した状態の Gears 5から Gears Tactics のボス前ゲーム中に戻ったり、別のゲームを挟んでサイクルしてもおおむね10秒、早ければ7秒程度。

    リリースを前に最適化が進んでいるのかもしれません。いずれにせよ、ロードが早い Xbox Series Xでも、コールドブートでは Gears 5でメーカー名やゲームタイトルのスプラッシュスクリーンが終わるまで30秒以上、ログインや更新取得やメニュー画面を挟んでシングルでゲームを開始して始まるまで1分以上は確実にかかるため、クイックレジュームが圧倒的に速いことはかわりません。

  • ただし新しい機能なので、ゲームによっては微妙な挙動や非対応も。ゲームからは従来の現行世代機のレジューム(終了せずホームに戻ったりスリープ後復帰)に見えているらしく基本は全対応するものの、たとえばゲーム会社のサーバ接続が必須なオンラインゲームなどは、クイックレジュームで久々に復帰すると当然セッションが切れており、ロビーに戻りましたになったり、オートセーブされていない進行が失われることも。マイクロソフトはこうした場合の対処を開発者と進めているとのこと。

互換は現行世代も旧世代にも恩恵

  • Series X|S最適化タイトル以外、いまレギュラーで遊んでいる現行世代ゲームや、忘れていた360世代ゲームの互換が優秀。現行タイトルは、最適化ナシでも内部レンダリング解像度やフレームレートが向上して快適になるタイトル多数。

  • 特に、Xbox One X / PS4 Pro向けに「4K高解像度のグラフィック優先モードか、フルHDで滑らかなフレームレート優先モードか」を選択するゲームでは、4Kモードで Xbox One Xよりも滑らかになる場合が多く、次世代のありがたみが感じられる。たとえばモンスターハンターワールド。

  • 逆に30fpsロックされていて、現行世代でもそこそこフレームレートが出ていた場合、30に張り付く程度の効果。

  • Xbox 360時代のゲームは、いま実機で起動すればポリゴンゲームは特に粗く、色もぼんやり見えて記憶の美化作用を実感するが、Series X では謎の技術で4K HDR化。元のゲームではカメラを近づけたときだけ見えていた高解像度テクスチャを遠景にも使わせることで、リマスター版が出ていない、望むべくもないソフトでも4Kリマスター的になる。旧世代ゲームでも、ゲーム内のロード時間などが短縮されて快適に。

といったところ。マイクロソフトは「ゲーマーが中心、次世代機への乗り換えを強制しない」と称して、世代交代期の自社タイトルについては次世代機を買わせるための独占をせずXbox One でも動くようにし、次世代機では4Kアセットやレイトレ、高フレームレートなどより快適に遊べるという、PCゲームのようなアプローチを公言しています。

本体UXも、クイックレジュームなど次世代だけの機能はありつつ、現行世代やモバイルアプリと統一したルック・アンド・フィールなので、ガラッと変わった!次世代!な感覚はさほどありません。コントローラも伝統デザインのまま微妙に使いやすく、トリガーやグリップに滑り止めを増やしたり、やや小さく持ちやすく、シェアボタンを新設した程度で、全く新しい可変抵抗トリガー等はありません。

しかし実際に常用してみると、本体つけっぱなしでもまるで気にならない静音性、PCでいう「ウルトラ」設定を易易とこなす性能、ゲームを並行して進めても待ちが少ないクイックレジュームなど、実用性の意味で実に快適。

Xbox One世代は日本国内のXboxのプレゼンスが極端に下がり、よほど好きな人が強い意志で選ぶようなゲーム機でしたが、最近は国内パブリッシャーのゲームもマルチで置き去り悲劇が減り、ゲームパスも国内サービスが始まり、xCloudも来年予定など、この世代は氷河期が雪解けを迎えた感があります。