次世代機 Xbox Series X は499ドルで11月10日発売、廉価版Series Sと同日

それよりEA Play追加がびっくり

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月9日, 午後 10:27 in news
0シェア
FacebookTwitter
Xbox
Microsoft

マイクロソフトが次世代ゲーム機の上位モデル、Xbox Series X の価格と発売日を発表しました。

Xbox Series X の価格は499ドル。廉価版のXbox Series S より200ドル上の設定です。

(追記:Xbox Series X/Sは日本でも11月10日発売、4万9980円と3万2980円に。9月25日から予約開始)

発売日は Xbox Series X , Xbox Series S ともに11月10日。9月22日より予約受付を開始します。

Xbox
Microsoft

発売日の発表と同時に、マイクロソフトは新型 Xbox を入手しやすくする施策と、主力商品である定額制ゲームサービス Xbox Game Pass を大きく強化することも明らかにしました。

これまで米英豪など一部で提供してきた購入プラン Xbox All Access は、今年末から12か国に拡大(日本含まず)。初期費用なし、月に24.99ドルの支払いで、Xbox Game Pass と本体代金、オンライン対戦等に必要な Xbox Live Gold が利用できる分割プランです(Series Sの場合。Series Xは月35ドル)。

本体代金を除くサービス分は月15ドル相当なので、次世代機を本体代金月10ドルずつ支払うことで、初日に本体と定額カタログ内のゲーム遊び放題が利用できることになります。

もうひとつは、大手パブリッシャーEAが展開する定額制遊び放題サービス EA Play のタイトルが、ゲームパス利用者には追加費用なしで利用できるようになること。

AAAの大作やシリーズ作を含む60本以上の Xbox / PCゲームがいきなりゲームパスのカタログに加えて遊べるようになります。

XboxゲームパスにEA Playが追加。追加費用なしで60本以上が利用可能に

追記: Xbox Series S の詳細スペックも判明。上位モデル Series X と比較して、CPUおおむね同じ、GPUはユニットと周波数下げて約1/3、RAMは16GBに対して10GB、ただし帯域が半分以下。ストレージの速度は同じ。

Xbox Series X / Xbox Series S full tech specs
Microsoft

Series X がターゲットとする4K解像度と、Series S のネイティブ1440p の差は、単純にピクセル数では約2.3倍 (8.3メガピクセル vs 3.7メガピクセル)。 4K vs フルHDであれば4倍。

GPU性能の指標のひとつである TFLOPSで約3倍の開きがあり、高解像度テクスチャの転送で重要なメモリの速度で半分以下なのは、ターゲットが1440p~フルHDであるための判断と思われます。

実態にそぐわない指標」こと TFLOPS だけでは現行世代の Xbox One X (6TFLOPS) を大きく下回るばかりか、 PS4 Pro程度 (4.2TFLOPS)のGPU性能しかないことになりますが、メモリの量や速度、GPUアーキテクチャの世代差が実際のゲーム映像にどう反映されるのか、ある意味 Series X よりも実力が気になる製品です。

とはいえ、マイクロソフトが Xbox Series S で狙うのは最高性能を求める層ではなく、一定額のエンタメ予算のなかで何が手に入るか、バリューとお買い得感を優先する顧客。手頃な価格で「この冬の最新ゲーム機」が手に入り、最新のゲームも現行のゲーム機よりは上の快適さで遊べ、ネットの動画サービス等々がテレビで楽しめる箱があれば欲しいかなという層です。

こうした、従来であれば次世代ゲーム機が欲しくても値段を見て1年待ったり、二・三年後の値下げや廉価版を待っていた層を最初から取り込む戦略は、ゲームのサブスクリプションサービス Xbox Game Pass Ultimate と本体代金をあわせて月25ドル・初期費用なしですぐ手に入る All Access プランへの注力でも見て取れます。

Xbox Series X/Sは日本でも11月10日発売、4万9980円と3万2980円に。9月25日から予約開始


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: news, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents