2021年は、巣ごもり需要でプロジェクターが人気で、1万円で購入できる機種から高性能モデルまで色々とレビューさせて頂きました。

そんな中で個人的にオススメなのがXGIMI製品です。

Engadget

どの機種もAndroid TV搭載でHarman/Kardon製の高音質スピーカーも内蔵されており、Wi-Fiに接続すればすぐに大画面ホームシアターが楽しめちゃいます。

特に最近の機種では自動台形補正機能が優秀で、障害物も自動検知して避けてくれるし、本当に使い勝手が良いんです。

ただベストバイとは言いながら、実はまだ購入できていないんです…

と言うのも、このXGIMI製品の3機種「Elfin」(Amazon価格7万8111円)、「Halo+」(直販価格9万9880円〜)、「Aura」(直販価格29万9860円)のどれにしようか決めかねているんです。

Engadget
コンパクトでお手頃なElfin
Engadget
バッテリー内蔵のHalo+

ElfinとHalo+は性能面では大きな差はありませんが、内蔵バッテリーの有無が大きな違いです。

1箇所で据置として使うなら、バッテリーを搭載していない分お求めやすいElfinが良いでしょう。

色んな場所で使いたいのであれば、バッテリー内蔵のHalo+の方が使い勝手が良いと思います。

Engadget

当初この2機種で悩んでいたのですが、そこに新製品「Aura」が登場しました。Auraは前2機種と違って、より高画質高性能な超短焦点プロジェクター。実際に使ってみると画質も音質も使い勝手もレベルが違います!

Engadget

当然価格帯も違ってくるのですが、これでも同型他社製品と比べるとかなりお求めやすいんですよね。ただし性能が良すぎて我が家の100インチスクリーンでは物足りなく感じてしまいました。150インチとかで投影できるもっと広い家が欲しくなります。

ってことで我が家的にはオーバースペックなのかも知れません。

100インチ程度で使用するならElfinかHalo+。あとはご自身の使用シーンに合わせて内蔵バッテリーが必要かどうか考えてみてください。

NETFLIXの利用だけはちょっとコツが必要ですが、公式サイトで詳しく説明されていますのでご安心ください。

関連記事

「XGIMI Elfin」がホームシアターデビューに最適な理由

モバイルプロジェクター「XGIMI Halo+」がキャンプで大活躍

投影距離21cmで100インチ、超短焦点4Kプロジェクタ「XGIMI AURA」レビュー