シャオミ(Xiaomi)が新型スマートフォン「Redmi Note 9T」を日本投入します。取り扱いはソフトバンク独占で、2月3日に予約開始、発売は2月下旬以降を予定します。

「Redmi Note 9T」は、税別1万9637円という低価格ながら、FeliCaを搭載し、Suicaなどの交通系電子マネーやiD・QUICPayといったタッチ決済を利用できるスマートフォンです。また、本体内に4つの5Gアンテナを搭載し、どんな持ち方でも5Gの周波数を最適に拾えるとアピールします。

engadget
engadget
engagdet

ディスプレイは6.53インチ フルHD+解像度(TFT液晶)で、ハイエンドに匹敵する90Hz駆動。カバーガラスにはコーニングのGorilla Glass 5を採用します。

プロセッサには、MediaTek Dimensity 800Uを採用。同SoCは7nmプロセスで製造されたオクタコアCPUを内蔵し、クアルコムのSnapdragon 665と比較してGeekbench CPUベンチマークのスコアで93%上回るといいます。RAM容量は4GB、ストレージ容量は64GBです。

カメラは3眼構成で、4800万画素のメインカメラ、200万画素の深度カメラ、200万画素のマクロカメラを搭載。特にマクロカメラは4cmまで接近でき、深度カメラと組み合わせることで、本格的なボケ感のある近接写真を撮影できます。また、曇り空を晴天や夜空に置換したり、複数の動画をつなぎ合わせて1本の動画を作成する編集機能も備えます。インカメラは1300万画素です。

engadget

バッテリー容量は5000mAh。22.5Wの急速充電器を同梱しており、同充電器を利用して15Wの急速充電が可能です。

生体認証は側面指紋センサー、顔認証を利用可能。インターフェイスはUSB-C、WI-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.1に対応。その他、デュアル・オーディオ・スピーカーや3.5mmヘッドホンジャックも搭載します。

engadget
engadget

背面はポリカーボネイト製で、指紋がつきにくい加工が施されています。本体サイズは77 x 162 x 9.1mm 重量は200g。カラーはナイトフォールブラック・デイブレイクパープルの2色展開です。

engadget

5GやFeliCa・90Hz液晶・側面指紋センサーを備えながら約2万円台という低価格は、破格のコストパフォーマンスと言えます。なお、ソフトバンクにMNPで転入したユーザーは、割引が適用され1円で本端末を購入できます。