シャオミ、税込2.5万円の激安スマホ Redmi Note 9Sなど日本投入

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年06月2日, 午後 03:17 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
engadget

『日本市場において、もっとも強力なオールラウンドスマホになる』──。シャオミはこう宣言しつつ、新型SIMフリースマートフォン「Redmi Note 9S」および「Mi Note 10 Lite」の日本投入を発表しました。

このうち「Redmi Note 9S」は、消費税込みで2万4800円という低価格ながら、ハイエンド寄りのチップセットであるSnapdragon 720Gを搭載。カメラも4800万画素の広角カメラを含む4眼、バッテリー容量も5020mAhと大容量で、激安スマホのイメージを覆す『普通に使えるスマホ』だとアピールします。

「Redmi Note 9S」

6月9日より発売する「Redimi Note 9S」は、コスパを追求したシャオミの若者向けサブブランド「Redmi」シリーズの最新機種です。

特徴は、価格性能比の高さです。前述のように、税込2万4800円という低価格ながら、ミドルレンジのなかでもハイエンド寄りのチップセット「Snapdragon 720G」を搭載します。

enagdget

液晶ディスプレイは6.67インチと大型で、アスペクト比は20:9と縦長。解像度も2400 x 1080ドットと高精細です。

カメラは広角(4800万画素) 超広角(800万画素) 測距センサー(200万画素) マクロ(500万画素)の4眼構成。ボケ感のある人物写真を撮影できる「ポートレートモード」なども搭載します。

engadget

バッテリー容量も5020mAhと、一般的なハイエンドスマートフォンよりも大容量。18W高速充電にも対応します。生体認証は、ソニーXperiaシリーズのように指紋センサーを側面に備えます。本体サイズは165.75 x 76.68 x 8.8mm、重量は209gです。

インターフェイスはUSB-Cのほか、イヤホンジャック、赤外線リモコン機能も搭載します。カラーはオーロラブルー・グレーシャーホワイトの2色展開です。

engadget

ラインナップは、税込2万4800円の4GB RAM・64GBストレージモデル、および税込2万9800円の6GB RAM・128GBストレージモデルを用意します。

engadget

2万円台の激安スマホというと、プロセッサや液晶に妥協があり、ストレスフリーで使える印象は乏しいですが、ミドルレンジ上位のプロセッサや4800万画素カメラ、大容量バッテリーを備える同機は、格安だけど普通に使えるスマホの有力候補になりそうです。

詳細記事

「Redmi Note 9S」日本発売へ、シャオミのサブブランドが初進出

Mi Note 10 Lite

同じく6月9日に発売する3万9800円の「Mi Note 10 Lite」は、前述の「Redmi Note 9S」に比べて、ディスプレイを液晶ではなく有機ELとしたほか、プロセッサ性能も向上させ、かつカメラも6400万画素とさらに強化したモデルです。

(更新)初出時、Mi Note 10 Liteが搭載する「Snapdragon 730G」がRedmi Note 9Sの「Snapdragon 720G」より性能的に上位と記載していましたが、ベンチマークスコアにおいては大きな差がなく、むしろ720Gのほうがわずかに優位でした。訂正しお詫び申し上げます。

すでに発表済の上位モデル「Mi Note 10」のボディを踏襲し、よりお手頃なモデルとして販売する製品でもあります。

engadget
Engadget Japan

前作「Mi Note 10 Pro」は、サムスン製の1億800万画素センサーを含む5眼カメラを搭載していましたが、Lite版では4カメラ構成に削減。それでも、中核のセンサーはソニー製の6400万画素「IMX686」を搭載し、120度超広角から望遠、マクロ、4K動画撮影と幅広いシーンに対応できるカメラ構成になっている点は、前作と変わりません。

チップセットはSmapdragon 730Gで、ここも上位モデルの「Mi Note 10」と共通。メモリは6GB、ストレージは64GBまたは128GBで、一世代前の規格のLPDDR4XとUFS2.1をサポートします。OSはAndroid 10で、独自のカスタムUI「MIUI 11」を搭載。Google PlayストアやGmailももちろん使えます。

engadget

ボディデザインも上位モデル「Mi Note 10」と共通で、前面は左右にかけてカーブした有機ELディスプレイ搭載。インカメラは画面上部の“水滴型ノッチ”の窪みに収まっています。

価格はRAM 6GB・ストレージ64GBモデルが税込3万9800円、RAM 6GB・128GBストレージモデルが税込4万4800円です。カラーはネビュラパープルとグレイシャーホワイトの2色展開となります。

engadget

前述の「Redmi Note 9S」に比べるとチップセット性能やカメラ性能を底上げしており、よりプレミアムな端末となっています。

詳細記事

シャオミのSIMフリーにコスパ重視の新モデル「Mi Note 10 Lite」追加

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mobile, xiaomi, news, gear
0シェア
FacebookTwitter