XM21

12月28日にシャオミはフラッグシップモデルとなるスマートフォン「Xiaomi 12」シリーズ3モデルを発表しました。

Snapdragon 8 Gen1搭載の大画面モデル「Xiaomi 12 Pro」、同じく同チップセットを搭載し画面サイズを小型化した「Xiaomi 12」、そしてXiaomi 12のスペックを落とした普及モデルとなる「Xiaomi 12X」の計3モデルです。

これまでシャオミのフラッグシップは、本体や画面サイズはほぼ同等で、スペックを高めたモデルを「Pro」としていました。しかし今回のXiaomi 12シリーズでは画面サイズを大きく変え、iPhone 13シリーズのように小型のモデルも投入している点が特徴の1つになっています。また前モデル「Mi 11」にあった「Ultra」モデルは今回は発表されませんでした。

XM12

このうち、最上位の「Xiaomi 12 Pro」は、6.73インチ3200x1440ピクセルのディスプレイを搭載。Mi 11 Proの6.81インチより若干小型ですが、リフレッシュレートは1Hzから120Hzまでの自動可変に対応、表面はコーニングのGorilla Glass Victusで覆われます。

高音2つと低音2つのクワッドスピーカーはharman/kardonと提携し、Dolby Atmos対応で臨場感あふれるサラウンド再生に対応、ゲーミングにも適したスマートフォンとなります。

XM12

プロセッサにはクアルコム最新の「Snapdragon 8 Gen1」をチップセットに採用し、メモリとストレージの構成は8GB+128GB、8GB+256GB、12GB+256GBの3種類。パフォーマンスを最大限に引き上げるために冷却機構も強化し、グラファイトを含む4層の冷却板で効率的に本体を冷却してくれます。

XM12

カメラはソニーの最新センサー「IMX707」を搭載。センサーサイズは1/2.8型で5000万画素F1.9のメインカメラに採用します。

XM12

動画撮影機能として新たにオブジェクトトラッキング機能「CyberFocus」を搭載。動画撮影中に被写体が動いても「全身」「顔」「瞳」とフォーカス先を自動的に切り替えて追従します。なお、この技術はシャオミが先に発表している四足歩行ロボット「CyberDog」に開発したものを応用しています。

XM12

メイン以外のカメラは、5000万画素F1.9のポートレート用望遠(光学2倍)、5000万画素F2.2画角115度の超広角を搭載、3つのカメラいずれも5000万画素というぜいたくな仕上げです。

XM12

フロントカメラは3200万画素、「ピクセルレベルで肌の若返り」を図る自然な美顔効果で繊細かつ過度ではない自然な肌のきめ細かさを表現してくれます。

XM12

バッテリーは4600mAhで、有線では最大120Wの急速充電に対応。通常モードでは24分、高速モードでは18分でバッテリーをゼロから満充電できます。さらにワイヤレス充電も55Wと高出力で、こちらは42分で満充電できるとのこと。

XM12

本体カラーは黒、青、紫、緑(革風仕上)の4色で、それぞれ8GB+128GBモデルが4699元(約8万5000円)、8GB+256GBモデルが4999元(約9万円)、12GB+256GBモデルが5399元(約9万7000円)です。

XM12

スタンダードモデルの「Xiaomi 12」は、「Xiaomi 12 Pro」を小型化した製品で、チップセットは同じくSnapdragon 8 Gen1を搭載。

ディスプレイは6.28インチ2400x1080ピクセル、本体の横幅は70mmを切ります。同じ小型サイズと言える「iPhone 13」は6.1インチディスプレイ、横幅は71.5mmなので、「Xiaomi 12」はより持ちやすいサイズながら大きい画面を搭載しているのが特徴です。

小型かつハイスペックな製品とするため、マザーボードの設計を改良し25%の容量減を実現。冷却機構も妥協せずに過去最薄となる0.3mmの冷却板を搭載するなどして、冷却効率は22%高めています。さらにバッテリーには新しいコバルト酸リチウム電池を採用しています。

カメラは3つを搭載、メインの広角カメラは5000万画素、センサーはソニーIMX766を採用。1/1.56型のセンサーサイズは「iPhone 13」「iPhone 13 Pro Max」より大型です。

「Xiaomi 12 Pro」同様CyberFocus機能も搭載します。これに加えて5000万画素ポートレート、1300万画素超広角を内蔵。フロントカメラは同じく3200万画素となります。

バッテリーは4500mAhで67W高速充電により39分で満充電可能、ワイヤレス充電は50Wでこちらは53分で満充電できます。カメラの性能が「Xiaomi 12 Pro」より若干劣るものの、コンパクトな大きさながらも十分ハイスペックな製品であり、こちらを選ぶ人も多そうです。

本体カラーは黒・青・紫の3色。価格はメモリ8GB+128GBが3699元(約6万7000円)、8GB+256GBが3999元(約7万2000円)、12GB+256GBが4399元(約7万9000円)。高スペックながらも手軽に使えるファッショナブルな製品、というイメージもアピールされています。

「Xiaomi 12X」は「Xiaomi 12」のスペックを落とした普及モデルで、チップセットはSnapdragon 870を採用。カメラは同じトリプル仕上げですがCyberFocusは非搭載。高速充電は67Wの有線充電のみ。価格はメモリ8GB+ストレージ128GBモデルが3199元(約5万8000円)、8GB+256GBが3499元(約6万3000円)、12GB+256GBが3799元(約6万8000円)です。

今回の3製品はこれまでのシャオミの製品展開の方向性を大きく変えたものになっています。シャオミは大画面モデルには「Note」の名を冠してきましたが、最近はどの製品も大型化が進んでおり、RedmiシリーズのNoteモデルも画面が大きいことが特徴にはなっていません。

「Xiaomi 12 Pro」はカメラ性能を高めるだけではなく大画面モデル、Xiaomi 12はハイスペックながらも持ちやすいサイズに小型化し、フラッグシップモデルの中で大小2つのサイズを用意する展開としました。

発表会ではiPhoneとの比較が多数行われましたが、Xiaomi 12がiPhone 13を対抗モデルとしていることは明白です。iPhone 13 / iPhone 13 Proは手ごろな大きさで持ちやすいことも人気であり、シャオミとしてもこれまでの大画面モデル一辺倒の方向性を今回大きく変えたわけです。

シャオミのユーザー層は男性が多いという調査結果もあり、手のひらの小さい女性でも使いやすく、かつ上品な仕上げのモデルを投入することでユーザー層拡大を狙っているのでしょう。

Xiaomi 12シリーズのグローバル展開はまだ未発表ですが、1年ぶりのメジャーアップデートモデルということから日本を含む各国での販売が期待されます。