engadget

中国のスマートフォン大手、シャオミがEV(電気自動車)への参入を表明しました。

EV参入の第一段階として、まず完全出資の子会社に100億人民元(約1700億円)を投資します。そして、向こう10年間で約100億ドル(約1兆円)をEV事業に投資する目標を掲げます。

EV参入を発表した記者会見でシャオミ側は「我々には1080億人民元(約1兆8000億円)の現金留保がある。これを大勝負に投じなければ資金に申し訳がない」とコメント。

そして「我々は確かにEVの新参者で経験はゼロだ。しかし、誰よりもハングリー精神がある。また、素晴らしいエンジニアを有している。十分な時間をかけて頑張る覚悟もある。時間をかければ我々は必ず成功できる。待ってくだされば、必ず全力でベストを尽くし、シャオミのEVを皆様の前にお披露目できる」と述べました。