Xiaomi Hyper Charge
Xiaomi

Xiaomiが、スマートフォンを有線で200W、ワイヤレスでも120Wで充電できる急速充電技術「Hyper Charge」のデモを披露しました。急速充電対応にカスタマイズしたMi 11 Pro(バッテリー容量4000mAh)を使い、有線で約8分、ワイヤレスでも15分で満充電となっています。

スマートフォンの急速充電は、とくに中国メーカーがこぞって競い合っている分野で、Xiaomiは2019年に100Wに対応したSuper Charge Turboを発表。Vivoが対抗するかのように120W充電のSuper FlashChargeくを披露。2020年にはOPPOも125W充電を発表しています。

なお、これらの技術はまだ製品には採用されていませんが、OPPOのFind X3 Proは、65W充電に対応しています。

200Wともなると、当然ながら充電器やケーブルも専用のものが必要となりますが、5月にはUSB Type-Cの新規格として240Wまでの対応が発表されたばかりです。充電時の発熱やバッテリーの劣化など、解決しなければいけない課題もありそうですが、搭載製品は意外と早く登場するかもしれません。

 

Source: Xiaomi(Twitter)