シャオミが鬼性能スマホ Mi 10 Ultra海外発表、120W充電 / 光学10倍ズームカメラ

120倍ズームはAIデジタルズーム込み

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年08月19日, 午後 06:40 in news
0シェア
FacebookTwitter
Xiaomi Mi 10 Ultra
Xiaomi Mi 10 Ultra

中国シャオミは新型スマートフォン「Mi 10 Ultra」を発表しました。業界最速となる120Wでの高速有線充電が特徴です。

Xiaomi Mi 10 Ultra
Xiaomi Mi 10 Ultra

Mi 10 Ultraでは最新充電規格「Mi Turbo Charge 」により、120Wでの高速有線充電を実現。これにより、内蔵された4500mAhバッテリーを5分間で41%、23分間で100%まで充電できます。

このような100Wを超える高速有線充電の実現は中国Vivoも宣言していましたが、シャオミが製品投入にて先んじた形です。

Xiaomi Mi 10 Ultra
Xiaomi Mi 10 Ultra

本体背面にはペリスコープレンズを備えた光学10倍カメラを搭載。これをAIズームと組み合わせることで、120倍ズームを実現しています。その他にも背面に4800万画素メイン+2000万画素超広角+1200万画素ポートレートカメラを、そして前面に2000万画素カメラを配置しています。

本体の6.67インチカーブディスプレイは、120Hzという駆動速度を実現。さらに240Hzのタッチサンプリングレートにより、スムースな操作感を実現しています。また800ニットの明るさや、10ビットカラー対応による1億色表示も特徴です。

基本スペックとしては、プロセッサはSnapdragon 865で8/12/16GBのRAM、128/256/512GBの内蔵ストレージを搭載しています。

Mi 10 Ultraの本体色はブラック、シルバー、トランスパレントエディションの3色。中国向けに8月16日から販売が開始されており、価格は760ドル(約8万円)からとなっています。

120W充電、120倍ズーム、120Hz駆動と歯切れよく数字を揃えてきたMi 10 Ultra。今後は、このスペックがハイエンドスマートフォンのスタンダードとなるのかもしれません。

Source: Xiaomi

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter