mi 11 Lite 5G

Xiaomiは7月2日、最新のミドルハイSoCであるSnapdragon 780Gを搭載する「Mi 11 Lite 5G」をSIMフリーとして発売しました。このところ、5万円前後のミドルハイ市場は、moto g100、OPPO Reno5 A、Galaxy A52 5Gなどが立て続け手にリリースされており、かなりの激戦区となっています。

その中でも Mi 11 Lite 5G はSnapdragon 780GやFeliCaなどに対応。定価は4万3800円ながら、MVNOでは発売記念キャンペーンとして2万円(MVNOの定価は3万円台)で販売されており、コストパフォーマンスの高さが注目されそうな端末です。

Mi 11 Lite 5G(Amazon)

最近のミドルクラスは6.5インチ超の大型ディスプレイを採用するものが増えていますが、Mi 11 Lite 5Gも6.55インチを搭載。解像度は2400x1080で、湾曲のないフラットディスプレイとなっています。

mi 11 Lite 5G

インカメラはパンチホールで左隅に搭載。なお、保護フィルムは元から貼られていました。

mi 11 Lite 5G

ディスプレイサイズに比例する形で、本体サイズも約160.5 x 75.7mmとやや大きめですが、厚みは6.8mmと非常に薄く、Xiaomiは「5Gスマホで世界最薄」をうたいます。なお、重さも159gと軽量です。この薄くて軽い特徴を生かすためか、非常にシンプルですっきりとしたデザインとなっています。背面カメラ部は出っ張りのある形状ですが、ほとんど気になりません。

mi 11 Lite 5G

横幅がやや広めなので、人によっては片手では持ちにくいと感じる人もいそうですが、軽量なので落としやすいということはないはずです。FeliCaのアンテナも上部にあるので、グリップスタンドなどを利用しても問題ないのがうれしいところです。

Mi 11 Lite 5G
▲指紋センサーは本体右側の電源ボタンと兼用

SIMはnano SIM x 2のデュアルSIMでeSIMには非対応。SIMスロットの片方はmicroSD(最大1TB)との排他仕様です。また、薄さを優先したためか3.5mmジャックは非搭載です。

mi 11 Lite 5G
▲SIMスロットは両面使うタイプ。裏面のSIM2がmicroSDと共用です

生意気なディスプレイ

Xiaomiが国内向け発表会で「生意気なディスプレイ」として紹介していた6.55インチの有機ELは、DCI-P3の色域をカバーするのはもちろんのこと、10億色を表現できる10ビット色深度や、より正確な色を再現できるTrueColor。HDR10+対応にコントラスト比は500万:1、リフレッシュレート90Hz、タッチサンプリングレート240Hzと、同価格帯の端末としては、まさに生意気と言えそうな盛沢山の仕様です。

Mi 11 Lite 5G
▲発色は良好。フラットディスプレイなので端まで綺麗に見えるのがうれしいところ

ちなみにリフレッシュレートは、デフォルトでは60Hzとなっていました。当然ながら、90Hzに変更すると消費電力がやや増えます。正直、動画を観る分には60Hzでもまったく気にならなかったので、好みに応じてバッテリー持ちとのトレードオフで選択すればいいでしょう。

mi 11 Lite 5G
▲リフレッシュレートは、「設定>ディスプレイ」から変更可能

Mi 11 Lite 5G(Amazon)

過不足のない3眼カメラ

背面カメラは、6400万画素のメインカメラに800万画素の超広角、500万画素のテレマクロ(光学2倍)という3眼構成。ミドルレンジ帯では、深度センサーやマクロカメラを加えて4眼~5眼構成するものも多いですが、比較的シンプルにまとめてきたのは好印象です。

mi 11 Lite 5G

カメラの仕様としてはスタンダードなもので、f/1.79のメインカメラは、暗所にも比較的強いように感じます。テレマクロのスーパーマクロ機能も優秀です。光学2倍での撮影となるので、マクロレンズにありがちな、被写体に近づきすぎて暗くなってしまうといったもありません。ややダイナミックレンジが狭く、白飛びしやすい印象はありますが、これは撮影者の腕次第でしょう……。

mi 11 Lite 5G
▲標準カメラで撮影

mi 11 Lite 5G
▲標準カメラで撮影
mi 11 Lite 5G
▲マクロモード
Mi 11 Lite 5G
▲標準カメラで撮影。光量が少ないとややのっぺりとした印象に

全体的にそつなくまとまったカメラですが、シャッターボタンをタップしてから、実際に撮影されるまでのラグ(いわゆるシャッターラグ)が少し気になりました。シャッター音と保存のエフェクトが一呼吸遅れてくる感じです。ただ、確認のためにストップウォッチを何度か撮影してみたのですが、撮影自体にラグはなさそうなので、エフェクトだけが遅れているのかもしれません。

このほか、カメラとしては動画の機能が充実しており、インカメラとアウトカメラの同時撮影はもちろんのこと、いい感じのエフェクトを自動で作成してくれるVlog機能やムービーエフェクトも搭載されています。

mi 11 Lite 5G

Mi 11 Lite 5G(Amazon)

今夏、本命と言える1台

あらためて仕様を確認します。Snapdragon 780Gに6GBのRAM、128GBのストレージを搭載。バッテリー容量は4250mAhで、PCMarkのWork 3.0 battery lifeの結果は12時間11分でした。ちなみに、バッテリーは33Wの急速充電に対応。対応する充電器も同梱されています。

mi 11 Lite 5G
▲33W充電器が付属。クリアケースも同梱されています

ついでにベンチマーク結果も載せておくと、AnTuTuが「50万8783」、3DMark Wild Lifeが「3145」で、同価格帯の端末では頭一つ抜けています。

mi 11 Lite 5G
▲AnTuTu(左)と3DMark Wild Life(右)のスコア

日本的な仕様も確認しておきましょう。FeliCa搭載でおサイフケータイが利用できる一方で、防水性能を備えていない(一応、IP53の防滴仕様)のは残念ですが、全体的な完成度を見ると些末な問題にも思えてきます。

指紋センサーが電源ボタンと兼用で側面にあり、背面にないと使いづらいという人もいるはず。このほかデザインの好みもあるので、万人にお勧めとまでは言いませんが、とりあえず価格が安く、性能もそれなりのスマートフォンを探しているのであれば、真っ先に検討すべき端末でしょう。写真にハマってMi 11 Lite 5Gの写りでは満足できない、あるいはゲームにがっつりはまってスペック不足を感じるようになれば、それからハイエンドモデルを検討しても遅くはないはずです。

Mi 11 Lite 5G(Amazon)