シャオミ、折りたたみスマホで内外カメラを共用するアイディアを特許出願

高画質化に貢献も?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年07月2日, 午前 11:20 in xiaomi
0シェア
FacebookTwitter
Xiaomi Patent

中国シャオミが折りたたみスマートフォンの新たなカメラシステムに関する特許を出願していたことが判明しました。

中国の国家知識産権局に提出された特許のイラストからは、折りたたみスマートフォンの本体片方に切り欠きが設けられ、内側のデュアルカメラが外側に露出するデザインが確認できます。

特許の説明によると、このシステムでは折りたたみ状態でも内側と外側の複数カメラを同時に使用することで、自撮りやビデオ通話の品質を高めることができます。

そして本体を開いた状態でも、1つ以上のカメラを使用することで撮影機能を向上させられると説明しています。さらに、フラッシュの共用などのアイディアも記載されています。

このようにスマートフォンの外側と内側のカメラを共用するアイディアは、ASUSなど一部メーカーが既に採用しています。また折りたたみスマートフォンは部品点数が多くなりがちなため、今回のようなカメラを共用するアイディアが役立つケースもありそうです。

Via: seekdevice

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: xiaomi, foldable phone, Patent, news, gear
0シェア
FacebookTwitter