シャオミ(Xiaomi)が新型スマートフォン「Redmi Note 10 JE」を発表しました。auとUQモバイルから販売予定。このうちau版は8月13日発売で税込2万8765円。UQモバイル版は9月下旬発売予定で、価格は現時点では未定です。

「Redmi Note 10 JE」は、シャオミ初の『日本専用モデル』をうたう端末で、製品名のJEは「Japan Edition」の略です。

なお、シャオミは従来からFeliCa搭載の日本向けカスタムモデルを発売していますが、本機はグローバルの「Redmi Note 10 5G」をベースに、Redmi Noteシリーズとして初めてIP68防水防塵に対応させるなど、日本向けのカスタマイズをさらに深めた点が特徴となります。

また、FeliCaへの対応やSoC・カメラ構成の変更など、ハードウェアを「Redmi Note 10 5G」から大幅に変更したことから、独自のデバイス名である「Redmi Note 10 JE」として販売します。

SoCには8nmプロセスで製造されたクアルコムのSnapdragon 480を採用。ストレージはUFS 2.2で、通常エントリー端末が採用するUFS 2.1と比較して、書き込み速度が2倍高速だとシャオミは説明しています。

ディスプレイは6.5インチのフルHD+解像度で、リフレッシュレートは90Hz。また、静止画では50Hz、動画では60Hz、スクロール時のみ90Hzといった具合に、リフレッシュレートを可変とするとすることで、SoCの消費電力を抑えています。また、360°の周辺光センサーを備え、4000段階超の輝度調節が可能。ブルーライトカットモードも搭載します。

engadget

背面カメラがメイン・深度センサー・マクロレンズの3眼構成で、グローバル版の「Redmi Note 10 5G」に存在する超広角レンズは省かれています。

バッテリーは4800mAhで、18Wの急速充電にも対応。生体認証は、側面に指紋センサーを搭載します。

カラーはクロムシルバーとグラファイトグレーの2色展開。背面は丸みを帯びた3Dデザインで、持ちやすさに配慮しています。

製品の主な仕様は下記の通りです。

なお、本機はKDDI(au・UQモバイル)の独占販売ですが、総務省の携帯キャリアによるSIMロックを原則禁止する方針を受けて、KDDIは本機をSIMロックフリーで販売します。

SIMロックは21年秋に原則禁止──総務省が携帯3社に求める施策案まとめ(佐野正弘)