Xiaomi Mi Watch Lite

シャオミは、スマートウォッチ2機種「Mi Watch」と「Mi Watch Lite」を発表しました。価格は順に1万1800円(税別、以下同じ)、6800円で2月以降に発売します。

Mi Watch

「Mi Watch」は、5気圧防水に対応し、1.39インチのAMOLED円形ディスプレイを搭載するモデル。光学式心拍センサーで心拍数や血中酸素濃度、睡眠サイクル、ストレスレベルなどを計測でき、117種類のエクササイズをサポートしてくれます。

ウォッチフェイスデザインが100種類以上用意されているほか、Mi Watch をスマホのリモコン代わりにし、手元でスマホカメラのシャッターが切れるシャッターモードも搭載します。バッテリー容量は420mAhで、1回の充電で最大16日間の連続使用が可能とのこと。

サイズは45.9x53.35x11.8mm。ストラップを除く重量は32gです。

Mi Watch Lite

「Mi Watch Lite」は、5気圧防水に対応し、1.4インチのTFT液晶カラーディスプレイを搭載したモデル。光学式心拍センサーで心拍数を計測できるほか、睡眠の深さやサイクルを記録分析する睡眠検出機能や呼吸トレーニング機能を備えます。スポーツデータと健康指標はXiaomi Wearアプリと自動同期されます。

Xiaomi Mi Watch Lite

また、GPSとGLONASSからの測位データに加え、3軸加速度センサーと3軸ジャイロスコープにより、ユーザーの位置や速度、移動距離などを把握し、ランニングルートのマッピングしてくれます。

バッテリー容量は230mAhで最大9日間の連続使用が可能とのことです。

サイズは41x35x10.9mm(心拍センサー部は11.9mm)で、ストラップを除く重量は35gです。