ソニーの次期フラッグシップスマートフォン「Xperia 1 III(仮称)」の予測レンダリングとスペック情報が、海外にて伝えられています。

著名リークアカウントのSteve HemmerstofferがVoiceに投稿した、今回の画像。同氏によるとXperia 1 IIIは現行モデルの「Xperia 1 II」とほぼ同一デザインとなり、ガラス製のリアパネルやフラットエッジなメタルフレームを採用するとしています。本体サイズは161.6 x 67.3 x 8.4mm(カメラ突起部は9.6mm)と、若干小型化するようです。

本体には超狭額ベゼルな6.5インチ/縦横比21:9のCinemaWide 4K HDR OLED(有機EL)ディスプレイを搭載。背面にはトリプルカメラ+3D iToFセンサーを搭載し、ZEISS Tコーティングレンズを採用。またカメラのうち一つはペリスコープレンズを採用することから、高倍率な光学ズームの実現が期待されます。

ほかのスペックとしては5Gに対応し、3.5mmイヤホンジャック、microSDXCスロット、指紋認証機能搭載電源ボタン、デュアルフロントスピーカーを内蔵。また、左側側面には新たなショートカットキーが搭載されます。

次期Xperiaシリーズの端末としては、すでに「Xperia 10 III」「次期Xperia Compact」の予測レンダリングが登場しています。またソニーは伝統的に2月に開催されるMWC(モバイル・ワールド・コングレス)にてスマートフォンを発表してきた経緯から、これらのスマートフォンも来月に発表される可能性が高そうです。

Source: Steve Hemmerstoffer (Voice)