NTTドコモは、ソニーモバイル製スマートフォン「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」にAndroid 11バージョンアップの提供を開始しました。

アップデートでは、チャットやSNSの通知が通知領域の上部に固定されるようになります。また、バブルによって、どの画面からでもチャットにアクセスできるようになります。

さらにプライバシーも強化。アプリの位置情報やマイク・カメラに関するユーザー許諾に「今回のみ」の選択肢が追加され、アプリが情報を常に利用するのを制御できるようになります。

また、一定期間利用していないアプリから、過去に付与した位置情報やマイクなどへのアクセス権限を自動的に削除するようになります。

簡単に画面録画ができる機能も追加されます。

ネットワーク面では、5Gのsub 6エリア内において、アップリンクの256QAMに対応。送信時最大218Mbpsの高速通信に対応します。

ゲーム面では、ゲームアプリのインストール時に、自動でGame enhancerに収納されることで、アプリトレイが整理され、ゲーム起動時もゲームアイコンを探す手間がなくなります。

「Xperia 1 II」に関しては、スマホを振ることで、指定したアプリをすぐに起動できる「スグアプ」が追加されます。

詳細はNTTドコモのホームページもご覧ください。