engadget

ソニーが新型スマートフォン「Xperia PRO-I」(エクスペリア・プロ・アイ)を発表しました。発売は12月15日、想定売価は税込19万8000円を予定します。 (更新)記事末尾に作例追加

「Xperia PRO-I」は、1.0インチの大型センサーを搭載するなど、カメラ機能を大幅に強化したモデルです。年初に発売した「Xperia PRO」シリーズに属する最上位機で、製品名の「I」(アイ)はイメージング(Imaging)の頭文字から取っています。

1インチセンサーを搭載するのは、3つの背面カメラのうち、24mmの広角カメラです。ほか、16mmの超広角、50mmの望遠カメラを備えます。

1インチセンサーは、ソニーの高級コンデジ「RX100 VII」のセンサーをカスタムしたもので、サイズやピクセルピッチも同等。ソニーの担当者は『コンデジをスマホにもってきた』と説明します。

(追記)ソニーの担当者によると、センサーサイズ自体は「RX100 VII」と同等ですが、小型1インチコンデジ「RX0」と同様に、1インチセンサーをクロップして利用しているとのこと。RX100 VIIの画素数が2100万で、Xperia PRO-Iの画素数が1200万、ピクセルピッチが同じ2.4μmであることから、Xperia PRO-Iが実際に利用しているセンサー面積は1/1.3インチ相当となります。

加えて、αシリーズと同等のフロントエンドLSIを搭載し、画像処理エンジンの「BIONZ X for mobile」も採用。写真1枚あたり10枚の画像を合成して、低照度での撮影性能を高めるといった、スマートフォンの高い処理性能と1インチセンサの相乗効果も図っています。

可変絞りで「ボケ味」をコントロール

1インチセンサーの恩恵の1つが自然なボケ味です。最近のスマートフォンでは、ソフトウェア処理で擬似的なボケを付与するのが一般的ですが、1インチという大型のイメージセンサーを搭載した本機なら、光学的な『真のボケ』を楽しめるわけです。

なお、不必要に写真がボケることを防ぐために、広角カメラにはF2.0とF4.0の可変絞りを採用。F2.0でボケ過ぎてしまう場合、F4.0に切り替えることで、手前から奥行きまでをしっかり写せます。

また、イメージセンサーの物理的なサイズが大きいことから、より多くの光を物理的に取り込むことが可能。低照度でもノイズを抑えて撮影できるほか、12bit RAW撮影に対応するなど自然な色再現が可能になります。

AF強化、秒間20コマの高速連写も可能

1インチセンサーを搭載したスマートフォンとしては「AQUOS R6」がありますが、こちらはAFの遅さが指摘されていました。

これに対して「Xperia PRO-I」ではAFを強化。スマホに搭載した1インチセンサーとして初めて、像面位相差AFを採用しており、撮像エリアの約90%のAFカバー率となっています。

加えて、AF/AE追従20コマ/秒の高速連写も可能。20コマのなかでAF・AEの演算処理を60回行う、つまり1コマあたり3回AFを計算し直すことで、動きが複雑なシーンでもフォーカスを合わせ続けます。

レンズはZEISS Tessar ガラスモールド非球面レンズを採用。非常に高い光学性能を実現しながら薄型を実現したといい、競合製品(AQUOS R6と思われる)のレンズと比較して、よりすっきりした構造だとソニーは説明します。

動画撮影も「Xperia 1 III」から強化

他社のフラグシップスマートフォンと同様に「Xperia PRO-I」も動画撮影を強化しています。

Xperiaとして初めて、動画撮影時の瞳AF/オブジェクトトラッキングに対応。さらに、スローモーションではない通常の動画撮影時においても、4K 120コマ/秒のハイフレームレート撮影が初めて可能になっています。

動画撮影用のソフトウェアとして新たに「Videography Pro」を搭載。こちらは即時撮影向けのアプリで、撮影環境に応じて素早く設定を調整できるほか、撮影中のフォーカスやズーム調節も可能です。

なお、従来モデルから搭載する「Cinematography Pro」は、撮りたいシーンを決め、セットなどの事前準備を行う際に用いるプロ向けのアプリとなっていました。

サウンド面では、従来のXperia 1 IIIではステレオマイクがトップとボトムに配置されていましたが、本機では背面側にもモノラルマイクを搭載。その場の臨場感を含めて録音したい場合はステレオ、人の声をしっかり拾いたい場合はモノラルマイクを使えます。

シャッターボタン、ストラップホールも搭載

デザイン面では、本格シャッターボタンも搭載。カメラ専用機では当たり前についているストラップホールも搭載し、長時間の撮影で落とす心配も低減できます。

サイドフレームは波々の形状になっており、グリップ感があるため滑りにくいほか、ソニーいわく、実際のサイズ(薄さ8.9mm)以上に薄く感じる効果を生んでいます。

背面はマットな質感のフロストガラスで、カラーはフロストブラックの1色。コーニングのゴリラガラスVictusを採用しています。

防水防塵やおサイフケータイにも対応

カメラやデザインを除いた仕様は、Xperia 1 IIIとほぼ同等。

ディスプレイは6.5インチの4K HDR 有機ELで、アスペクト比は21:9。SoCはSnapdrgaon 888、RAMは12GB、ストレージは512GBです。IP68防水防塵のほか、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応します。

サイズは166 x 72 x 8.9mm、重量は211gです。なお、Xperia 1 IIIが対応していた「ワイヤレス充電」や「ミリ波」には非対応となります。

ネットワーク面ではデュアルSIM(物理SIM)に対応。仕様は「Xperia 1 III」と異なり、オープンマーケット版も一部通信事業者が販売するモデルも共通です。

また、Snapdragon 888プロセッサや5G / 4Gの高速ネットワークを活かし、撮影に加え、編集・データ伝送までを1台で完結可能。USB 3.2 Gen2にも対応し、PCとUSB接続した場合、従来の2倍速でデータ転送が行えます。

Xperia PRO-Iに装着できる外付けモニタ「Vlog Monitor」も提供します。こちらは3.5インチのディスプレイを搭載しており、Xperia PRO-Iのメインカメラを使って自撮りも可能。三脚穴を搭載しているので、既発売のシューティンググリップGP-VPT2BTも装着できます。

engadget
engadget

Xperia PRO-Iは日本以外でも中国や米国・香港などグローバル市場でも発売されます。

ソニーから提供された「Xperia PRO-I」の作例を下記に掲載します。