engadget

ソニーがVRゴーグル「Xperia View」を発表しました。11月19日に発売予定、市場想定価格は3万円前後です。

「Xperia View」は、スマートフォンの「Xperia 1 III」または「Xperia 1 II」を差し込んで使うVRヘッドセットです。

engadget

ヘッドセットには『世界初の超広視野角』をうたう視野角120°のレンズが搭載されています。同レンズを利用して「Xperia 1 III / II」の4K HDRディスプレイに表示された映像を両目で覗き込むことで、片目2K・両目4K、全体で8K相当のVR映像を楽しめます。

フレームレートは「Xperia 1 III」のみ120Hzに対応。また「Xperia 1 III」のほうが「Xperia 1 II」よりもHDRの輝度を高く表示できるといいます。

また、一般的なスマホ差し込み型のVRゴーグルは、左右の丸いレンズから映像を覗き込む方式ですが、「Xperia View」のレンズは、「Xperia 1 III / 1 II」の21:9ディスプレイを丸ごと覆う構造で、ディスプレイに表示された情報を余すことなく視聴できるとのこと。

これを実現するため、特殊なレンズ構造を採用しており、中心視野部は高精度に光を集光する非球面レンズ、周辺視野部には集光効率が高いフレネルレンズを用い、これらをシームレスに一体化させたハイブリッド構造となっています。

engadget

また、スマートフォン差し込み型のヘッドセットでありながら、レンズ間隔の調整も可能。58mmから72mmまで1mm間隔で動かせます。メガネをかけたままの利用も可能です。

コンテンツは、Xperia View専用アプリから視聴可能。当初の対応コンテンツは「DMM動画」および「360Channnel」です。なお、Xperia Viewに最適化されていないコンテンツは視聴できません。

engadget

操作にコントローラーは不要。VRゴーグルのボリュームキーでカーソル移動、カメラキーで決定というシンプルな操作体系です。また、首を振ってカーソルを移動させるなどの操作も可能です。

engadget

なお、あくまでVR映像の視聴に特化したコンセプトで、ゲームなどのVRコンテンツは現時点で提供予定はありません。