engadget

2020年2月に開発が発表されたものの、現時点でまた発売されていない「Xperia PRO」。いよいよ発売が迫っているようです。グローバルの製品ページに『Available soon』(まもなく発売)との文言が表示されています。

なお「Xperia PRO」は、「Xperia 1 II」のようなメインストリームの端末とは毛色が異なり、放送や写真のプロフェッショナルに向けて開発されたスマートフォンです。

どのあたりがプロ向けかいうと、HDMI接続に対応し、レンズ交換式の一眼カメラやプロ向けビデオカメラのモニタとして利用しながら、撮影中の映像データを5G通信でサーバーやクラウドに伝送可能。これによって、例えば一眼カメラを使って、出先でライブ映像を配信することも可能になります。

engadget

また、プロユースで重要となる安定性を高めるため、放熱設計にも注力。長時間の5G通信も安定して行えます。

搭載する有機ELディスプレイは長辺だけ見れば4K(3840 x 1644)解像度で、HDR表示かつBT.2020の広色域に対応。HDMIまたはUVCに対応するカメラに接続すれば、高性能な外部モニターあるいはビューファインダーとしても利用できます。

5G通信も強化しており、「Xperia 1 II」や「Xperia 5 II」では5Gの中でも比較的周波数の低い「Sub6」(サブ6)への対応に留まっていましたが、「Xperia PRO」ではミリ波と呼ばれる、28GHz帯といった高い周波数にも対応しています。

ミリ波は帯域を広く確保できるため通信を高速化できる反面、電波が遮蔽されやすい欠点がありますが、「Xperia PRO」では筐体に電波を透過しやすい素材を採用したほか、デバイスの4つの側面にそれぞれミリ波アンテナを搭載することで、5Gミリ波通信の安定性を高めています。

engadget

SoCにはクアルコムのSnapdragon 865を採用。その後継となるSnapdrgaon 888が登場した今となっては型落ち感が否めませんが、あえて最新SoCではなく1世代古いSoCを搭載したのは、安定性を重視した結果なのかもしれません。

その他、12GBのRAM、1TBまでのmicorSDXC、512GBのストレージを搭載。防水防塵はIP68等級に対応します。カメラは35mm換算で16mm(広角)・24mm(標準)・70mm(光学3倍望遠)のトリプルレンズ構成です。

なお、Engadget日本版ではソニーモバイル広報担当者に「Xperia PRO」の発売時期について問い合わせており、回答があり次第追記します。

(追記)ソニーモバイル側は『様々なPoC(検証作業等)などを実施しながら、5Gミリ波帯対応デバイスをご提供できるよう取り組んでおりますが、現時点で日米ともに発売日等に関してコメントできることはございません』と回答しました。

Source:ソニー(Xperia PRO製品ページ)