Engadget

Zホールディングスの中核企業であるヤフー(Yahoo! JAPAN)は1月19日、2023年度中に事業活動で利用する電力の100%再生可能エネルギー化の早期実現を目指す「2023年度 100%再エネチャレンジ」を宣言しました。

経済産業省が2020年12月に関係省庁と連携して「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を策定し、多くの企業が2050年等の長期的な目標を設定していますが、同社は早急な切り替えを進めて行くとしています。

Yahoo! JAPANが事業活動で利用する電力のうち、95%はデータセンター用途。同社が所有する米国ワシントン州のデータセンターは、すでに水力による100%再生可能エネルギーで供給電力を賄っているとのことです。

今回の発表ではYahoo! JAPANが利用する福岡県北九州市の「アジアン・フロンティア」、福島県白河市の「白河データセンター」のほか、Yahoo! JAPANが事業活動で利用する電力の100%を2023年度中に電力会社から供給される電力を風力や太陽光などの再生可能エネルギーを利用した電力に切り替えます。

そのほかのデータセンターやオフィスは、再生可能エネルギーで作ったグリーンな電気が持つ「環境価値」を「証書」化して取引するグリーン電力証書を購入するかたちで対応します。

これまでのYahoo! JAPANの環境に対する取り組みとして、福岡県北九州市の「アジアン・フロンティア」、福島県白河市の「白河データセンター」では、外気を利用した空調システムなど、最新技術を活用した温暖化対策を実施しています。

Engadget

▲白河データセンター。外気を活用した空調システムを採用しています。最大4割弱の空調消費電力の削減や年間を通じ最大75%以上の外気利用が可能です。

Engadget

また、ZHDグループは、事業活動で利用する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標とする、国際イニシアチブ「RE100」の早期加盟を目指し、100%再生可能エネルギー化の実現に向け、2021年度中にグループとしての中長期目標を発表する予定です。

source:ヤフー